妊娠5ヶ月目の戌の日に行われる、胎児の無事と妊婦の無事を祈って神社を参拝する儀礼です。岩田帯と呼ばれるさらし木綿などを用いるのが正式ですが、現在ではガードルタイプの腹帯を巻いて代用することも多くなっています。また、この帯は妊婦の実家から贈られることが多いようです。「帯掛け」、「帯回し」とも呼ばれます。帯祝いの風習は、平安時代にはあったと言われ、「古事記」に神功皇后が三韓征伐に赴いたとき、懐妊中だったため、帰国して無事出産できるよう願いを込めて腹帯を巻いたと記されています。地方によって行事は様々ですが、紅白餅を食べる習慣もあり、これを「帯祝い餅」と呼びます。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※妊娠中の症状には個人差があります。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。体の不調を感じた場合は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。