赤ちゃんの出産祝いをいただいた方々に感謝の気持ちを込めて贈るお返しのこと。赤ちゃんの名前を知らせる意味もあります。もともとは親しい人に赤ちゃんの誕生を知らせる行事で、「お福分け」などと呼ばれていました。お返しの額は友人や知人は約半分、身内には3分の1程度が目安です。時期は、赤ちゃんが生まれて1ヶ月前後となる、ちょうどお宮参りの頃から2ヶ月になるぐらいまでがよいでしょう。のし紙は「内祝い」として、子供の名前を書くのが一般的。ギフトカタログなどでも、様々な内祝いギフトが用意されており、赤ちゃんの写真入りカードがつけられるなど、工夫を凝らしたものも増えています。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※妊娠中の症状には個人差があります。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。体の不調を感じた場合は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。