美しい海の風景と世界遺産に触れる沖縄本島

琉球王国の文化が色濃く残る沖縄本島。数々の世界遺産と美しい海の風景を楽しむことができます。

《沖縄本島》首里城正殿
《沖縄本島》首里城正殿(2009年1月撮影)
首里城(しゅりじょう、★★)
琉球王国の王宮として造られた首里城。戦争で焼失したものの少しずつ復元がなされ、守礼門や正殿などの朱塗りの建物の大きさに圧倒されます。

識名園(しきなえん、★)
琉球王朝が持っていた最大規模の別邸で世界文化遺産に登録されています。回遊式の庭園で、沖縄独特の雰囲気が感じられますね。

■斎場御嶽(せーふぁうたき、★)
琉球王国最高の聖地であり、世界文化遺産に登録されています。

■中城城跡(なかぐすくぐすくあと、★)
琉球独特の城の石垣跡などがはっきり残る名所です。世界文化遺産に登録されています。

■残波岬(★★)
本島中部にあり、東シナ海に突き出した岬と灯台が印象に残ります。

《沖縄本島》今帰仁城址
《沖縄本島》今帰仁城址(2009年1月撮影)
今帰仁城址(なきじんじょうし、★★★)
世界文化遺産に登録された琉球王国の城跡で一番北に位置します。早咲きの寒緋桜が咲く場所としても知られています。

■海洋博公園(★★)
本部半島(もとぶはんとう)の先で行われた海洋博の跡地を整備した公園で、伊江島を正面に見ることができます。大人気の沖縄美ら海(ちゅらうみ)水族館も園内にありますよ。

■古宇利大橋(こうりおおはし、★★)
《沖縄》古宇利大橋
《沖縄》コバルトブルーの海を突っ切る古宇利大橋(2009年1月撮影)
本部半島の先にある古宇利島(こうりじま)と屋我地島(やがじじま)を結ぶ全長1960メートルの橋です。コバルトブルーの海を突っ切る白い橋はとても絵になります。

■辺戸岬(へどみさき、★)
沖縄本島の最北端に位置し、見通しの良い時は与論島が望めます。