育児に関連して「ミルク」と言う場合、粉ミルクなどの人工乳を指して呼ぶ場合がほとんどです。牛乳は、早く与えすぎるとアレルギーの原因にもなるため、一歳を過ぎるまで控えます。乳児用粉ミルクやフォローアップミルクといった粉ミルクは、母乳に含まれる赤ちゃんの免疫に役立つ成分ラクトフェリンを配合したものや、母乳には欠けがちな鉄分やビタミンKを補ってくれるなど、栄養成分を配合したものが数多く出回っています。また、生後1年以降の離乳期に与えるのに適した「フォローアップミルク」には、牛乳では不足しがちなビタミンCや鉄分、カルシウムやビタミンDなどの成分が含まれ、栄養バランスを補います。

ミルク・授乳の仕方
ミルク調乳とミネラルウォーター

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※妊娠中の症状には個人差があります。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。体の不調を感じた場合は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。