赤ちゃんが誕生して数日すると出てくる黄色っぽい乳汁のことを「初乳」といいます。生まれてきた赤ちゃんにはほとんど免疫機構がありませんが、この初乳には高濃度の免疫物質が含まれています。その濃度は通常の母乳の10~20倍ともいわれ、無菌状態の赤ちゃんはこの初乳を飲むことで、生後6ヶ月間の免疫力を得ます。また、初乳はアレルギーの原因となる不要な物質が体内に取り込まれることも妨げてくれます。初乳を飲むことで、病気になりにくく、アレルギー体質にもなりにくい元気な子に成長してくれる可能性が高くなります。


新生児育児
母乳育児の基礎知識
母乳育児の悩み相談
乳腺炎の種類と対処法
乳腺炎の予防
ねんね期の赤ちゃんの成長
 

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※妊娠中の症状には個人差があります。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。体の不調を感じた場合は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。