臍帯とはママと赤ちゃんを結ぶへその緒のことですが、「臍帯血」とは、そのへその緒と胎盤にある血液のことをさ指します。血液を作り出す造血幹細胞が多く含まれており、この細胞が白血病などの患者の治療に役立てることができます。臍帯血を採取できるのは出産直後の一度だけ。寄付して人のために役立てることもできますし、赤ちゃん自身が将来難病にかかったときのため、保管しておく臍帯血バンクも注目されています。万が一のときに自分の臍帯血を使うことができれば、拒絶反応も少なく、安全性の高い治療効果が得られるからです。現在は白血病や悪性リンパ腫、再生不良性貧血などの治療に利用されていますが、将来的にも様々な治療への応用が期待されています。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※妊娠中の症状には個人差があります。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。体の不調を感じた場合は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。