「助産師」とは、厚生大臣の免許を受けて、「助産またはじょく婦もしくは新生児の保健指導をなりわいとする女子を指す」と、法律で定められています。日本では江戸時代から「産婆さん」という呼び名ですでに助産師という職業は一般的でした。助産師は、女性の妊娠、出産、産褥の各期を通じて、サポートやケア、助言を行います。昔ながらの呼び方として「助産婦」という場合もありますが、免許を取得している助産師に対して、免許を取得していないけれども、出産に対する知識が豊富で、お産のサポート役を担う女性のことを指す場合も少なくないようです。家庭、助産所を含む地域、病院、診療所、ヘルスユニットなど、様々な場で実践することができ、自宅出産の場合でも、助産師に介助をお願いするのが一般的です。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※妊娠中の症状には個人差があります。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。体の不調を感じた場合は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。