助産師が開業している分娩施設のことを指します。助産師やスタッフの数は施設によって異なります。また医療介助はできないため、健康な妊婦だけが助産院で産むことができます。健診から出産、産後まで一貫してみてくれるうえに、何かあった場合は連携医療機関に搬送されることになります。「助産院」で産むメリットとしては、アットホームな雰囲気の中、自然なスタイルでお産ができること。また、退院後も気軽に相談しやすく、人間関係のつながりが深いことを理由に選ぶ人も多いようです。一方で、「35歳以上」「流産をしたことがある」「不妊治療による妊娠」といった条件に当てはまる妊婦は、医師にもかかるべきと(社)日本助産師会の公式基準で定められています。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※妊娠中の症状には個人差があります。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。体の不調を感じた場合は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。