通常病院で分娩を行うときは、仰向け姿勢で行うことが多いですが、この姿勢では十分にいきみにくいとも言われています。もっとお腹に力が入りやすいよう、上体を起こした姿勢で分娩するスタイルの一つに「座位分娩」があります。座ったほうが重力の関係からも自然なことや、子宮口が全開してから胎児が外に出るまでの時間が短くなります。このため、母体にもやさしく、赤ちゃんへの圧迫も少ない点がメリットです。ただ背もたれの部分が上下に移動する座位分娩台を使うので、どの病院でも実施しているわけではありません。希望する場合は事前に病院への確認が必要です。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※妊娠中の症状には個人差があります。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。体の不調を感じた場合は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。