なんらかの事情があってあらかじめ出産日を決めて生みたい場合や、医学上の理由で早めに出産するほうがいいと判断される場合、医師と相談して出産日を決定し、陣痛を誘発する出産方法を「計画(誘発)分娩」といいます。計画分娩の日が決まったら、赤ちゃんの成育状況をみて、器具で徐々に子宮頸管を開いていったり、子宮収縮剤をうって陣痛を誘発していきます。この方法のメリットは、出産日が決まっていることで、妊婦が精神的にリラックスして出産を迎えられる点です。しかし、ごく稀に誘発剤を投与しても、陣痛が起きず、結局出産に至らないことも。一度自宅に戻って仕切りなおすこともあるようです。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※妊娠中の症状には個人差があります。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。体の不調を感じた場合は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。