子宮口は全開したのに、赤ちゃんがなかなか出てこないときに使われる方法の一つに「吸引分娩」があります。シリコン製もしくは金属製のお椀形のカップを膣に挿入し、赤ちゃんの頭にかぶせて、吸引力で陣痛の波に合わせて引っ張り出す方法です。空気の抜き方をコントロールできるので、赤ちゃんの頭に無理な力がかからない安全な介助方法です。吸引されたために赤ちゃんの頭がやや細長くなることがありますが、2~3日で自然な形に戻ります。吸引分娩が直接的な原因で、赤ちゃんに脳の障害が起こることはありません。産道で頭をつかえて圧迫されている状態のほうが危険であるため、早く取り出すことを優先して行います。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※妊娠中の症状には個人差があります。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。体の不調を感じた場合は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。