「LDR」とはLabor(陣痛)Delivery(分娩)Recovery(回復室)の頭文字をとった略語。陣痛、分娩、回復を同じ部屋で過ごせる、自宅分娩の雰囲気で安全に出産できるシステムをLDRシステムといいます。LDR室は、リビングや寝室のような雰囲気になっているため、リラックスすることができ、陣痛分娩のときの移動も必要ありません。分娩もその場で行うので、手術室の堅苦しい雰囲気がなく、妊婦のストレスが少ないといわれています。この他にもプライバシーが保たれ、分娩台が広く自由な体位が取れるといったメリットがあげられますが、その分、分娩費用が割高になるのがネックのようです。