妊婦と胎児のために積極的に摂りたい栄養素の一つが「ビタミンB群」です。ビタミンBに関しては、「ビタミンB」という呼称ではなく、8種類の化学物質を総称するビタミンB群と呼びます。ビタミンBには疲労回復を促すB1、細胞を再生させ、成長を促進させるB2など、さまざまな効能があり、妊娠中はビタミンB群の需要が高くなります。中でも、特に摂りたいのが、「葉酸」です。妊娠中にこの葉酸が不足すると赤ちゃんに障害や奇形などの確率が増加するといわれており、妊娠中は通常の2倍の量が必要といわれています。食品で摂取する場合、レバーや緑黄色野菜に多く含まれています。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※妊娠中の症状には個人差があります。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。体の不調を感じた場合は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。