「ビタミン類」は、人間が生きていくうえで欠かせない大切な栄養素です。そのため、ビタミンやミネラルは、保全素といいます。主な役割としては、三大栄養素であるたんぱく質・脂肪・炭水化物などをエネルギーや身体に取り入れるために、代謝を促進する酵素の役割を担っています。不足すると代謝が滞ってしまうので、体内で合成することができないため、日常の食事で摂り続ける必要があります。またビタミンには、脂溶性ビタミンと水溶性ビタミンがあります。脂溶性の代表は、ビタミンA・D・E・K。摂取して使いきれなかった分は翌日に成分が持ち越されます。一方で水溶性ビタミンのビタミンB群やビタミンCは一時に大量に摂取しても体内に排出されてしまいます。また熱に弱いのも特徴です。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※妊娠中の症状には個人差があります。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。体の不調を感じた場合は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。