“脂質は肥満の原因” と目の敵にしてしまいがちですが、本来「脂質」と呼ばれる脂分の栄養素は人にとって欠かせません。実際、赤ちゃんの離乳食では、3大栄養素として「炭水化物」、「たんぱく質」、「脂質」のバランスが大切になります。また、お腹の赤ちゃんに栄養を取られる妊婦にとっても、うまく取り入れたい栄養素のひとつ。バターや乳製品などの動物性と、植物性の油と、両方からバランスよく摂取するよう心がけましょう。一方摂りすぎると妊娠中のママの肥満につながるため気をつけたいところ。太り気味が気になる人はゆでたり、蒸したり、網焼きにするなど調理に工夫を凝らして、脂質をコントロールするとよいでしょう。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※妊娠中の症状には個人差があります。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。体の不調を感じた場合は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。