分娩監査装置を用いて、陣痛のないときにお腹の赤ちゃんの心拍数をみる検査のことを「ノンストレス検査」といいます。お産のストレスに耐えてきちんと生まれてこられるかどうかを調べるものです。「ノンストレステスト」、または頭文字をとって「NST」ともいいます。以前は、聴診器で赤ちゃんの心音を断片的に聞くより方法がありませんでしたが、現在では超音波を当てて調べることで安全で痛みもなく検査できるようになりました。検査方法は、赤ちゃんの心拍の変動パターンを見ながら状態をチェックし、お産に耐えうる力があるかどうかを予測診断していきます。胎児の発育が気になる場合、予定日を超過した赤ちゃんをみる場合などに検査しますが、妊娠後期に必ず行う病院も増えています。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※妊娠中の症状には個人差があります。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。体の不調を感じた場合は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。