妊娠をすると、母親の「血糖値」が高くなる傾向があります。血糖値が上昇し、妊娠糖尿病にかかってしまうと、流産や早産、妊娠中毒症といった危険のほか、胎児にも先天性の奇形や低血糖といった悪影響が及ぼされます。そのため、妊娠中は血糖値を定期的に検査し、血糖値のコントロールをすることが大切です。家族に糖尿病の患者がいたり、糖尿病の素因を持っている人は要注意。健康な人でも妊娠をきっかけとして高血糖状態になることを妊娠糖尿病といいまが、場合によっては一度上がった血糖値が出産後も正常値に戻らないこともあるので注意が必要です。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※妊娠中の症状には個人差があります。記事内容は全ての方への有効性を保証するものではありません。体の不調を感じた場合は、自己判断せず必ず医療機関に相談してください。