エイズはHIV(ヒト免疫不全ウイルス)に感染して起こる病気で、感染すると身体を病気から守る免疫系が破壊され、体の抵抗力が低下し、様々な感染症や悪性腫瘍にかかります。15歳以下の子供におけるエイズ感染の90%以上は、母親の妊娠、陣痛、出産、授乳による母子感染が原因とされており、初期の妊婦健康診査の検査項目の中には「エイズ検査」が含まれています。子供が発病した場合、ほとんどが1~2年で死亡してしまう恐ろしい病気です。エイズ検査では、母親が感染しているかどうかを調べ、陽性が出た場合、お産のときに赤ちゃんが血液を浴びないように注意します。生まれた赤ちゃんはすぐに消毒薬で母親の血液や分泌物を洗い流し、感染予防に努めます。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※妊娠中の症状には個人差があります。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。体の不調を感じた場合は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。