ママにとって、妊娠してお腹が大きくなることで気になりだすのが「妊娠線」。妊娠線は、お腹が急に大きくなることで、皮下組織が伸びきれずに生じてしまうひび割れのこと。ひび割れの下にある毛細血管が透けて、赤紫の線状となって現れます。産後には目立たなくなるものの、一度できるとなかなか消えません。また妊娠線は2人に1人という高い割合でできるので、ケアが必要です。できやすい部位はお腹以外にも、胸や二の腕、おしり、太もも、ふくらはぎなど。予防するためには、まず太りすぎを防ぐこと、妊娠4~5ヶ月ごろから保湿クリームを使うこと、毎日マッサージを行い皮膚に柔軟さを与えることが大切です。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※妊娠中の症状には個人差があります。記事内容は全ての方への有効性を保証するものではありません。体の不調を感じた場合は、自己判断せず必ず医療機関に相談してください。