ミドリムシをテーマに記事を書いてきた「ミドリムシが地球を救う!?」シリーズ。まずはおさらい。
1回目 知ってました?ミドリムシは食べられるんです
ミドリムシが地球を救う!?(1)食料問題解決編

2回目 ミドリムシは、女性の強い味方だった!
ミドリムシが地球を救う!?(2)女性の悩み解決編

3回目 ミドリムシで空を飛ぶぞ!
ミドリムシが地球を救う!?(3)バイオ燃料編

4回目 地球の温暖化に待ったをかけるのはミドリムシ?
ミドリムシが地球を救う!?(4)地球温暖化防止編

 

足し算の弊害

美しい地球と人々の健康をテーマにしている、株式会社ユーグレナ

美しい地球と人々の健康をテーマにしている、株式会社ユーグレナ。

ユーグレナ(和名:ミドリムシ)の大量培養に成功した株式会社ユーグレナ。社長の出雲充さんが掲げるキーワードは「人間と地球の健康」です。つまり、人間本来の健全な姿を取り戻し、同時に地球が持つもともとの美しさを蘇らせる。この根底にある概念は、いろいろなモノを加えていく「足し算」ではなくて、それとは全く反対の発想である「引き算」です。

たとえば、これまでの私たちの食生活を考えてみても、とにかくどんどんプラスすることを考えてきました。数多くのサプリメントもそうですし、料理にしてもより美味しい味にするために様々な調味料を入れてきたのです。

でも、その結果どうなったのかというと、カロリーはしっかり摂れるけれども、栄養素の面では全くなっていなかった。そのために、いろいろな健康上の問題が出てきて、今私たちはそれに怯える生活をするようになってしまったのです。

持つべきものは「引き算の発想」

だからこそ、今持つべきなのは「引き算」の発想です。たくさんのモノを加えるのではなくて、引き算をすることでよりシンプルにする。というよりは、元に戻すことを考えるべきなのです。足りない栄養素があれば補い、オーバーしているモノであればそぎ落としていく。

環境も同じです。今二酸化炭素はオーバーしている状態なので、それをベーシックなところに戻すことを考えればいい。こういったことのエンジンとなりえるのがミドリムシであり、このために日々研究を進めているのが出雲さんが率いる株式会社ユーグレナなのです。