モムチャンダイエット考案者 チョンダヨンさんからのメッセージ

実際にチョン・ダヨンさんがダイエットについてどのように考えているのか、ガイドが取材。オールアバウト読者のみなさんに、メッセージをもらいました。


ガイド――
忙しくてじっくりエクササイズする時間がないけれど、痩せたいという人にオススメのエクササイズを教えて下さい。

チョン・ダヨンさん――時間があまりなくても規則的に運動をするのが重要です。
お勧めなのは、サーキットトレーニング。サーキット(Surkit)方式はいろいろな種類の運動を休まずに続けます。心拍数が早い状態が続いたまま複数の種類の運動をすることで、短い時間でも多くのカロリーを消費することが可能です。

私の書籍<モムチャンダイエットプレミアム>の付録に付いている<フィギュアロビクスダイジェスト>はあまり時間がない方の為に作った運動です。
約15分間休まずに進行しますが、体の筋肉をまんべんなく使うよう構成しました。わずか15分ですが、集中して行えばすごくいい運動効果が得られます。


ガイド――チョン・ダヨンさんのような女性らしいメリハリボディが理想だという読者は多いと思いますが、これまであまり運動をした経験のない人がボディラインにメリハリをつけながら痩せるには、どんなことを意識して(注意して)エクササイズすれば良いでしょうか?

チョン・ダヨンさん――多くの方たちは体重が減ればメリハリボディになれると思っています。けれども実際は、体重が減っても筋肉がなければきれいなボディラインにはなれません。筋トレをせず有酸素運動を主にして運動をしても、メリハリボディにはならず、ただ体のボリュームだけが減るのです。

きれいな(メリハリのある)体とは、ある特定な部位だけスリムならいいというわけではありません。例えば、ウエストが細くても骨盤が小さければ、相対的にウエストが太く見える場合もあります。逆に、ウエストのサイズは普通でも骨盤が大きければ、ウエストは相対的に細く見えますね。
このように自分の体の全体的なバランスを見て、どこを細くすればいいのかなどを考えて運動をすると、きれいな体のラインが作れるのです。


ガイド――ダイエットしても結果が出ない、結果が出ないからエクササイズする気が起きない……という負のスパイラルに巻き込まれた時の脱出法や、上手な気持ちの切り替え方法があれば教えて下さい。

チョン・ダヨンさん――ダイエットとは痩せることだとよく勘違いされるのですが、実は「一番健康な状態の体を作る」のがダイエットの本来の目的です。

人の体は同じ運動を繰り返すと筋肉が適応してしまい変化が遅くなる時もあります。これをよく運動停滞期といいますが、だれでも経験することなのです。
こんな時には運動方法を変えてみると、筋肉が新しい刺激を受けることで新たな運動効果が現れます。
ダイエットとは決して短期間で効果を得ようとするものではありません。現代文明の恩恵を受け便利な生活をする文明人は、その恩恵に対して税金を支払うと思ってダイエットをしなくてはならないのです。

ダイエットに停滞期が来たときには何より早く新しい運動に変えてみてください。ウォーキングとウェイトトレーニングをメインにしてきたなら、今度はバイク運動とダンスをしたりですね。


ガイドが考えるモムチャンダイエットの魅力

undefined

 

チョン・ダヨンさんの本やメッセージから、彼女が真摯に自分の体に向き合っているのが感じられました。そしてダイエットに成功した方法をおしみなく人に伝え、皆を幸福に導いている姿がとてもステキだから、女性として輝き、皆の心を惹き付けているのだと思います。 

 
メリハリボディになるには、筋肉を作るのがいい事だとは分かっていても、自分が出来るのか? 努力したらどんな体が手に入るのか? と、いまいちイメージが出来ずエクササイズをスタートしていない人は、是非モムチャンダイエットを読んで、まずは体を動かしてみて下さい。
必ず体を動かす楽しさに気付き、今よりも自分の体が好きになるはずです。それに気づかせてくれるのが、モムチャンダイエットの魅力なのかもしれません。

女性らしいボディを作るおすすめのエクササイズはこちら
たるんだヒップに一喝!憧れ小尻攻略法
あなたにピッタリ!“華奢な3D BODY” の作り方
これで完璧?! ペッタンコお腹になるエクササイズ



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※ダイエットは個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して体調不良を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮したうえで、正しい方法でおこなってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。