3位:蘇州(江省省) 安全レベル9.5

留園。

世界遺産の古典庭園・留園

第三位は蘇州です。蘇州は隣接する地の利から、江省省の経済の中心として飛躍的発展をしています。旅行会社の中国ツアーには、必ず「上海、杭州、蘇州の旅」というコースがあるほどの定番観光地です。最も有名なのは、世界遺産にも認定されている蘇州古典園林。蘇州古典園林とは主に明代に建設された庭園の総称。有名な拙政園、留園など九つの庭園が登録されています。いにしえの蘇州は多くの逸材を輩出、学問の都と呼ばれていました。現在でも蘇州人は賢く、道理を重んじる穏やかな性格だといわれています。急激過ぎる経済成長の中、これだけの治安を維持できるのは、彼らの賢さによるものかもしれません。

4位:杭州(浙江省) 安全レベル9.5

西湖

杭州のシンボル・西湖。中国十景名勝地として全国的に知られる観光スポット

第四位は浙江省の省都・杭州です。「上有天堂、下有蘇杭(天には極楽があり、地には蘇州・杭州がある)」ということわざがあるように、杭州は古くから地上の極楽とされてきました。破竹の経済成長を続けるこの町には、億万長者がごろごろしています。超一流ブランドの1店舗の1日の売り上げ世界ナンバーワン(エルメス)や、中国ナンバーワン(ルイ・ヴィトン)は、ここ杭州に存在するのです。そんな勢いある杭州人ですが、彼らにはけっしてガツガツしたところはなく、西湖(国家AAAAA級旅行景区)の湖面のように穏やかだと言われます。豊かで、温和な人々が暮らす水の町。それが治安の良さにつながっているのでしょう。

5位:青島(山東省) 安全レベル9.0

aop 

ほどよく開発された人に優しい都市

山東半島南部に位置する産業都市・青島は、ドイツの植民地として近代化の幕開けをし、のちに日本軍の占領下に置かれました。そのため、今でも西洋風の街並みが残っていますし、中国で最も有名なビール“青島ビール”を生産しています。夏のリゾート地としても人気で、毎年開かれるビール祭りには中国全土からビール好きが集まってきます。適度に発展を遂げている沿海都市・青島は、明るい雰囲気に包まれた安全な地域です。

6位:新余(江西省) 安全レベル9.0

江西

江西省にある山水の名勝・武夷山

第五位までは比較的有名なところが多かったのですが、六位に選ばれた新余は、ほとんどの人が知らないと思います。それは中国でも同じことなのですが、この都市は“治安”という分野では、特記すべき場所なのです。一般的な中国の都市はマンションやアパートまでも窓に鉄格子がはめられているのに、ここ新余では商店街のお店がガラス張り! にもかかわらず、ここ数年、強盗事件が起きていないというのですから、かなり安全だと思っていいようです。

7位:梅州(広東省) 安全レベル8.5

梅州は、“東洋のユダヤ人”とも称される四大移民集団・客家(はっか)の故郷の一つとして有名です。青い空と豊かな水が美しい、歴史的な建造物が残る古い町。ここで暮らす人々はのんびりと穏やかで、とても友好的だと言われます。

8位:桂林(広西省) 安全レベル8.5

水墨画の世界

世界的に有名な桂林の幻想世界
(C)Gejian Architects & Engineers

桂林山水甲天下(桂林の山水は天下一)」と讃えられるように、桂林の自然景観の素晴らしさは世界的に有名です。まさに奇岩絶壁の山水画の世界で、訪れた者の心をひきつけます。そんな桂林には際立った産業もなく、観光が主要な収入源なのです。治安が悪ければ観光客は敬遠します。そんなことから、地元では全力をあげて、治安維持に取り組んでいるとのことです。

9位:船山(浙江省) 安全レベル8.0

四位の杭州に続き、浙江省二つ目のランクインです。東シナ海に浮かぶ大小1391個の島々からなる町。中国四大仏教名山の一つである普陀山で知られます。古くからとても豊かな地域。しかも、流動人口は皆無。治安が悪くなるはずもありません。

10位:威海(山東省) 安全レベル8.0

威海

かつてイギリスの租借地だった威海

こちらも五位の青島に続き、山東省二つ目の都市です。威海は韓国からの直接投資が集中し、順調に経済発展を成功させています。また、中国で初めての国家衛生都市となったところとしても有名で、良好な環境、人に優しい気候の威海は、国連の「人類居住賞」を受賞しています。治安の安定には使命感を持って取り組んでいて、その成果はなかなかのようです。 

さて、トップテンの次はワーストスリーの発表です。