FX取引でかかる手数料には、取引手数料とスプレッドの2種類があり、その金額は会社によって違いがあります。手数料で会社を選ぶ際の注意点をお伝えします。

FX取引でかかる手数料には、売る時と買う時にかかる取引手数料(売買手数料)と、売値と買値の差である「スプレッド」の2つがあります。
スプレッドとは外国為替取引の特有のもので、売値と買値に差を設けることで、その差額がFX取引会社の実質的な外貨売買手数料となっています。スプレッド幅が狭い(スプレッドの値が小さい)方が有利となります。
これら2種類の手数料が安い方が、トレードに有利であることは明らかです。
undefined

 

FXは取引手数料無料の会社が主流

取引手数料に関しては、最近、無料という会社が主流です。
無料でない場合は、米ドル/円のトレードで、1万米ドル当たり片道100円から500円程度。会社によっては、取引コースなどに応じて手数料額を変えているところもあります。例えば、通常の取引が片道500円に対して、デイトレードなら無料であるなど。
特に、取引頻度が高い人は取引手数料無料の会社を選ぶのがトレードに有利となります。

スプレッドを固定化する会社が増えている

同時にチェックしなくてはいけないのがスプレッドの狭さです。取引手数料が無料でもスプレッドが高ければ、その分コストがかさみます。
undefined

 

スプレッドは、インターバンク市場では市況に応じて変化します。それに合わせて、FX取引会社が設定しているスプレッドも変化するのですが、表にもあるように、最近では、固定スプレッドを採用している会社が増えています。

変動スプレッドの場合は、取引する時間帯やタイミングによってその値に開きが出ます。スプレッドが例えば「0銭~」「最小0.5銭」となっている会社でも、実際にそのスプレッドで取引できるのは1日のうち数時間程度かもしれません。特に、大きな経済指標などの発表後や、市場参加者が少ない時間帯には、スプレッドが広がりやすくなるので注意が必要です。

スプレッドが固定なら、どんなタイミングや時間帯でも実質のコストが増大する心配がないので、コスト面では安心してトレードすることができます。
それと、米ドル/円を例にとって「スプレッド幅が狭くて有利」とPRしている会社もありますが、スプレッドの設定は通貨ペアによって違うので、自分がトレードする予定の通貨ペアについても確認するのが大切です。
トレードの際に実際のスプレッドを確認するには、2WAYプライスを表示している取引画面を見れば、固定でも変動でもスプレッド幅がすぐわかります。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。