登園時に大泣きされるのは辛いもの

登園のお別れ時、一番の困るのは泣かれること。入園したての頃はなおさら……
4月に幼稚園・保育園に入園したみなさん、御入園おめでとうございます。4月半ばとはいえ、今はまだ親子ともども緊張感でいっぱいの時期でしょう。お子さんによっては、登園時にママやパパと別れる際に泣くことが続いていることも多いものです。忙しい朝、別れる時に大泣きされるのは親としても辛いものですよね。

「お友だちは泣いてなんかいないのに、なぜうちの子はこんなにダメなの?」
「一体いつになったら泣かずに登園できるの?」

……なんて、ほかのお子さんと比較して落ち込むこともあるかもしれません。でも、そんなに気に病む必要はないんですよ。子どもたちにしてみれば、今までずっとママと一緒だったのに、急に引き離されて幼稚園や保育園に連れて行かれることになったのです。入園前に「お兄ちゃん、お姉ちゃんになったのだから」と言い聞かされ、本人もその気になっていたとしても、やっぱり現実にママやパパと別れるのが辛いという気持ちは、仕方がないものではないでしょうか。泣いたとしても、子どもたちも一生懸命頑張っているんです。

切なくなるのは親のほう

私も今、子どもたちに泣かれて、毎朝辛い日々です。うちは新入園ではありませんが、4月からクラスも、担任の先生も変わり、お友だちも何人か入れ替わりました。そんなこともあってまだ新しいクラスに慣れず、毎朝別れ際には泣いてばかり……。

しかもうちは双子なので、2人一緒に泣かれることもあります。2人が同時に激しく泣いているのを見ると、こちらも辛い気持ちになってしまい、つい、「今日は家で原稿を書くのだから、連れて帰って一緒にいようか……」なんて思ってしまうこともあります。

でも、そんな気持ちに負けたら、今日1日、仕事ができなくなるのは目に見えています。もちろん打ち合わせや取材がある日にはそんなことは言っていられません。そこで、どんなに泣いていても心を決め、先生に「お願いします!」と2人を預けて来てしまいます。2人が保育室のベランダに出てきて、お庭を通って帰る私に手をふる時、かなり切なくて泣けてしまうこともあります。

ただ、園での生活について先生が書いてくださる記録ノートを見ると、子どもたちは別れる時に激しく泣いていたとしても、ずっと泣いているわけではないそうです。ある程度泣いたら、心を切り換えて、お友達や先生との遊びに入っている様子。特に保育園の場合、そこは家と同じ生活の場であって、子どもはそこにいるしかないので、ずっと泣いているわけにはいかないということもあります。子どもたちは自分の心の中でママやパパとの朝のバイバイをちゃんと消化して、次に進んでいるのですね。

>>登園時の「泣き」への対処法>>