離乳食カレーを取り分けて赤ちゃんと一緒に食べよう!

 パパもママも子どもも、夏はカレーで元気を出しましょう!

 パパもママも子どもも、夏はカレーで元気を出しましょう!


暑い日が続き、パパもママもちょっと夏バテ気味……。そんなときは、ピリッとスパイシーなカレーを食べて元気を出しましょう。赤ちゃんがいるからと遠慮してしまうことはありません。カレーは立派な取り分けメニュー。パパもママもカレーを味わうことができるのです。ルーを入れる前に取り分けるだけで、赤ちゃん用もすぐに作れるのでとってもラクチンですよ。

ポイントは、野菜をゴロゴロと大きめで煮込むこと。大きく切った方がつぶしやすいのでオススメ。今回は白飯を離乳食完了期から取り入れていますが、代わりにパン粥やうどんでも赤ちゃんは喜びます。家族全員でカレーのアレンジを楽しんでください!

<目次>  

離乳食・幼児食カレーのコツ

  • 市販のカレールーは塩分が高いので、使うのは幼児期から少しだけにしましょう。それまでは、和風だしなど素材の味を楽しめるような薄い味付けで十分

  • 無添加のだしは、自分でかつおぶし等でとってもいいですが、市販の無添加だしやベビーフード用だしを利用すれば簡単

  • ひき肉はポソポソしやすいので、とろみをつけて食べやすく。それでも食べにくい赤ちゃんには鶏肉や豚肉スライスなどに変えてもOK

  • 基本野菜はじゃがいも・にんじん・玉ねぎですが、他にも成長過程に合わせてブロッコリー・茄子・トマト・かぼちゃなどを合わせても美味しく食べられます
今回ご紹介するレシピは、普通の大人向けカレーをつくる過程でできるものです。ぜひ、各年齢にそったレシピを下記から選んでお読みください。
 

離乳初期(5-6ヶ月頃)の赤ちゃんと大人用カレーレシピ

この他に和風だしと片栗粉を準備してください

この他に和風だしと片栗粉を準備してください

 
 

 

■材料(大人2人+赤ちゃん)
じゃがいも 3個
にんじん  1本
玉ねぎ   1個
豚ひき肉  150g
カレールー 適量

 

作り方

炒めずに煮る
 
1. じゃがいも・にんじん・玉ねぎは皮をむく。じゃがいも・にんじんは一口大に切り、玉ねぎはくし型に切る

2. 深鍋に水を張り、1を入れ柔らかくなるまで茹で、じゃがいも・にんじん合計3~5個取り出す

■赤ちゃん用(離乳初期:2色ペースト)
 

3. 取り出したじゃがいも・にんじんをフォークでつぶす

4. 茹で汁を大さじ1~2杯取り、3に加えて混ぜれば完成!

■大人用(ひき肉カレー)
 

5. 豚ひき肉を入れ、さらに煮ていき、あくを取る

6. カレールーを入れて、煮込んで出来上がり!
 

離乳中期(7-8ヶ月頃)の赤ちゃんと大人用カレーレシピ

この他に和風だしと片栗粉を準備してください

この他に和風だしと片栗粉を準備してください



■材料(大人2人+赤ちゃん)
じゃがいも 3個
にんじん  1本
玉ねぎ   1個
豚ひき肉  150g
カレールー 適量 

(赤ちゃん用の追加材料)
無添加の和風だし
片栗粉
 

作り方

1. じゃがいも・にんじん・玉ねぎは皮をむく。じゃがいも・にんじんは一口大に切り、玉ねぎはくし型に切る

2. 深鍋でひき肉と野菜を軽く炒めた後、水を入れ柔らかくなるまで煮る

3. あくを取りながら、野菜が柔らかくなるまで煮込む

■赤ちゃん用(離乳中期:野菜のそぼろあんかけ)
野菜あんかけ
ポソポソしやすいひき肉を食べやすくするには、あんかけにしてみるのが吉

4. カレールーを入れる前に、じゃがいも・にんじん・玉ねぎを合計5個ほど取り出して、みじん切りにする

5. 別の鍋に、ひき肉入りスープ30mlを取り分けを入れ、無添加のだし少々を加えて、薄いだしの味に整える

6. 1. の野菜と水溶き片栗粉少々を加え、ひと煮立ちさせる。5分がゆと一緒に、もしくは、おかゆとあんかけを混ぜてもOK

■大人用(ひき肉カレー)
 

7. カレールーを入れて、溶け残りがなくなるまで煮込んで出来上がり!
 

離乳後期(9-11ヶ月頃)の赤ちゃんと大人用カレーレシピ

この他に、和風だし・しょうゆ・片栗粉を準備してください

この他に、和風だし・しょうゆ・片栗粉を準備してください



■材料
じゃがいも 3個
にんじん  1本
玉ねぎ   1個
豚ひき肉  150g
カレールー 適量 

(赤ちゃん用の追加材料)
無添加の和風だし
しょうゆ
片栗粉
 

作り方

1. じゃがいも・にんじん・玉ねぎは皮をむく。じゃがいも・にんじんは一口大に切り、玉ねぎはくし型に切る

2. 深鍋でひき肉と野菜を軽く炒めた後、水を入れ柔らかくなるまで煮る

3. あくを取りながら、野菜が柔らかくなるまで煮込む

■赤ちゃん用(離乳後期:あんかけ風肉じゃが)
離乳後期
 

4. カレールーを入れる前にじゃがいも・にんじん・玉ねぎを合計7個ほど取り出して、1cm弱に切る

5. 別の鍋にひき肉入りスープ50mlを取り分け、1の野菜を入れ、無添加の和風だし適量、しょうゆ2-3滴、砂糖1つまみを入れ再沸騰させる

6. 水溶き片栗粉でとろみをつける。柔らかめのご飯にかけて出来上がり

■大人用(ひき肉カレー)
 

7. カレールーを入れて、溶け残りがなくなるまで煮込んで出来上がり!
 

離乳完了期(12-15ヶ月頃)の赤ちゃんと大人用カレーレシピ

この他に、和風だし・しょうゆ・カレー粉・片栗粉を準備してください

この他に、和風だし・しょうゆ・カレー粉・片栗粉を準備してください



■材料
じゃがいも 4個
にんじん 1本
玉ねぎ  1個
豚ひき肉 200g
カレールー 適量 

(赤ちゃん用の追加材料)
無添加の和風だし
しょうゆ
カレー粉
片栗粉

 

作り方

1. じゃがいも・にんじん・玉ねぎは皮をむく。じゃがいも・にんじんは一口大に切り、玉ねぎはくし型に切る

2. 深鍋でひき肉と野菜を軽く炒めた後、水を入れ柔らかくなるまで煮る

3. あくを取りながら、野菜が柔らかくなるまで煮込む

■赤ちゃん用(離乳完了期:1才の和風カレー)
離乳完了期
カレー粉がなくても大丈夫。子ども用カレールーでもOK

4. カレールーを入れる前にじゃがいも・にんじん・玉ねぎを合計7個ほど取り出して、1cm弱に切る

5. 別の鍋にひき肉入りスープ50mlを取り分け、無添加の和風だしを適量加える

6. 1の野菜を入れ、水で溶かした極少量のカレー粉(1つまみ程度)と、しょうゆ2滴を加えひと煮立ちさせる

7. 水溶き片栗粉でとろみをつける。ご飯にかけて出来上がり

■大人用(ひき肉カレー)
 

8. カレールーを入れて、溶け残りがなくなるまで煮込んで出来上がり!
 

幼児期(16ヶ月頃~)の赤ちゃんと大人用カレーレシピ

普段、家にあるものだけでOK!

普段、家にあるものだけでOK!



■材料
じゃがいも 4個
にんじん  1本
玉ねぎ   1個
豚ひき肉  200g
カレールー 適量 

(赤ちゃん用の追加材料)
牛乳

 

作り方

1. じゃがいも・にんじん・玉ねぎは皮をむく。じゃがいも・にんじんは一口大に切り、玉ねぎはくし型に切る

2. 深鍋でひき肉と野菜を軽く炒めた後、水を入れ柔らかくなるまで煮る

3. あくを取りながら、野菜が柔らかくなるまで煮込む

4. カレールーを基本の半分だけ入れて煮込む

■赤ちゃん用(幼児期:こどもカレー)
幼児期
1歳半を過ぎたらちょっと大人のカレー風味にチャレンジ

5. カレールーを半分量入れた後、じゃがいも・にんじん・玉ねぎを適量取り出し、食べやすい大きさ(1.5cm~2cm)に切る

6. 別の鍋に豚挽き肉入りのカレースープを取り分け、1の野菜を入れ、再沸騰したら牛乳を大さじスープと同量くらいまで味を見ながら加えて薄める。ご飯にかけて出来上がり

■大人用(ひき肉カレー)
 

7. カレールーを基本量になるまで入れ、溶け残りがなくなるまで煮込んだら、出来上がり

赤ちゃんがいるからといって、パパ・ママが好きなメニューをあきらめることはありません。味つけの前に取り分けるのがポイントです。赤ちゃんとの食卓を楽しんでくださいね!
 

関連記事


※離乳食・幼児食は、誤った方法による実践に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。月齢や年齢に応じた食材を使用し、衛生面や食物アレルギーを十分に考慮したうえで、正しい方法で行ってください。気になる症状がある場合は自己判断せず、必ず医療機関に相談してください。
 
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。