赤ちゃんをスプーンに慣らすにはどうすればいい?

離乳食

5・6か月になり、首が座ったら離乳食開始を考えてみましょう

以前は離乳準備期というのがありましたが、現在はその概念がなくなりました。
しかしながら、離乳食開始してすぐにスプーンで食べられるというわけでもありません。では、スプーンが苦手な時にはどうしたらいいのでしょうか。赤ちゃんがスプーンに慣れる過程をご紹介します。


離乳食はいつから食べさせるべき?
 

スプーン

スプーンは幅が小さく浅いものを

離乳食は首がしっかりすわった5.6ヶ月頃から始めますが、赤ちゃんは、離乳食が始めるとともにスプーンを受け入れるわけではありません。

赤ちゃんは生まれつき「哺乳反射」というものがあり、スプーンなどの異物が口の中に入ると舌で押し出してしまいますが、この反射が成長に伴って消失していくことで、スプーンを口にすることができます。

つまり、早めにスプーンに慣らせようと思っていても、まだ生まれつきの反射が残っていると、なかなかスプーンを受け入れてくれないのです。


「スプーン遊び」からトレーニングを始めよう!

離乳食を始めたばかりで、スプーンをどうしても押し出してしまうという場合は、スプーン遊びから始めましょう。

「スプーン遊び」は「スプーントレーニング」とも呼ばれていますが、トレーニングというと、お母さんも赤ちゃんも気負ってしまいがちなので、「遊ぶ」くらいのリラックスした感覚で行うといいでしょう。
スプーン

スプーンという存在にまず慣れさせましょう


始めにスプーンをおもちゃ代わりに持たせ、遊びとしてなめさせてみたりしてください。このとき、スプーンでのどや顔をつつかないよう、必ずお母さんの目と手が届くところで遊ばせるようにします。

しばらくしてスプーンに慣れたら、つぶしがゆ などをスプーンに少量のせて、赤ちゃんに舐めさせてあげましょう。

最初は不思議な顔をするので、お母さんがスプーンに口をつける真似などをしててもいいでしょう。

もし、2~3回試してみてもすぐにスプーンを押し出すようであれば、しばらく休憩して後日に改めて試してみましょう。


おすすめのスプーン離乳食用の物

スプーン遊びや、その後の離乳食に使うスプーンは、幅が小さく浅いものがいいでしょう。普通のティースプーンなどではなく、離乳食用として売られているスプーンをオススメします。大きさの問題もありますし、衛生面からも大人のものとは分けたいからです。

素材面でも、金属製スプーンだと冷たくて驚いてしまうので、木やプラスチック、シリコンの離乳食用スプーンがいいでしょう。

スプーンに慣れず困ったときはおかゆ以外でも

なかなかスプーンに慣れないのに、はじめての「つぶしがゆ」ばかりではハードルが高そうだという場合は、母乳やミルクをスプーンにとってみてもいいかもしれません。いつも慣れている母乳やミルクだと、受け入れることもあります。
困ったときには試してみてください。



<関連記事>
離乳食の開始時期はいつから?
離乳食 初期のポイント

<関連リンク>
厚生労働省:「授乳・離乳の支援ガイド」の策定について


【編集部おすすめの購入サイト】

楽天市場で離乳食を見る

Amazonで離乳食を見る

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。