初めての子育てをするお母さんは、毎日不安なことでいっぱい。そんな不安の1つが「離乳食はどうしたらいいの?」「いつ始めたらいいの?」ということ。そこで今回は、「離乳食とはどういうもの?」「いつ始めたらいいの?」といった基本的な考え方から、少し変わりつつある最近の考え方までご紹介していきます。

離乳食はいつから始める?生後5カ月がベスト?

親が食べているのを見て、口を動かすなど食べたそうにしていたら、それは離乳食開始の合図の1つ

親が食べているのを見て、口を動かすなど食べたそうにしていたら、それは離乳食開始の合図の1つ

「離乳食」とは文字通り、生まれてから母乳やミルクで育ってきた赤ちゃんが、母乳やミルク以外のものを飲んだり、噛んだりする練習のための食事のこと。幼児食までの移行期間を示します。あくまでも練習であり、うまくいかないのが当たり前です。 お母さんも赤ちゃんもゆったりとした気分で、楽しみながら焦らず少しずつ練習していきましょう。

離乳食を始める頃を「離乳の開始」と呼び、初めてドロドロした食物を与える時期を指します。つまり、果汁やスープなど、単に液状のものを与えても、離乳の開始とはいいません。果汁やスープを始めるのは、従来は「離乳準備期」と呼ばれており、育児書によると生後2~3ヶ月頃からというものを見かけます。

しかし、最近では、早すぎる離乳食のスタートが疑問視され、見直されています。早すぎる離乳食の開始は、近年増え続けているアレルギーの原因の1つではないかと言われており、現在、厚生労働省では「離乳開始前に果汁をあげる必要性はない」という指針に2007年3月変更しました。

つまり、離乳食のスタートは生後5ヶ月頃からで大丈夫。生後5ヶ月になり首がすわり、かつお父さん・お母さんが食べているところをじっと見て、赤ちゃんが食べたそうに口を動かしていたら、離乳食を始めてみましょう。周りのお友達が離乳食を始めたからといって焦らずに、あくまでも赤ちゃんのペースで。たとえ離乳食の開始時期が遅くても、いつかは必ず大人と同じ食事をするようになります。焦らず、赤ちゃんとお母さんのオリジナルペースを作って進めてください。

ただオリジナルといえども、完全なるオリジナルは難しいもの……。次ページでは離乳食の進め方の基礎をお伝えします。