紫に染まる美瑛・富良野のラベンダーめぐり

美瑛・富良野の地図

今回の行き先は【北海道】
紫に染まる美瑛・富良野のラベンダーめぐり

実り豊かで広大な大地がどこまでも続く北海道。緯度の関係で夏の期間が本州以南より短くなるのですが、北海道ならではの大自然が織りなす風景とおいしいものを楽しみに、たくさんの人が夏の北海道を訪れます。

そんな夏の北海道の代表的な風景の一つが、素敵な香りを放つ紫色の花、ラベンダーの広がる風景ですね。

北海道の真ん中に位置する美瑛(びえい)、富良野(ふらの)周辺には、たくさんのラベンダーの見所が揃っていますよ。

今回はガイドのお気に入りの場所の一つでもある美瑛・富良野近辺のラベンダーの名所をピックアップしてご紹介します。

 

国道のすぐそばに広がるラベンダーの丘、かんのファーム

かんのファーム(1)

かんのファームのラベンダー畑。丘の向こうに旭川空港へ着陸する飛行機が見えることもあります(2006年7月22日撮影)

美瑛・富良野のラベンダーめぐり、最初はかんのファームYahoo! 地図情報)です。

旭川から美瑛を経て富良野へ向かう国道237号線の沿線には花の名所が多いことから、「花人街道」の愛称がつけられています。その花人街道で美瑛から富良野に向かう途中の美馬牛(びばうし)峠近くにかんのファームがあります。

 

かんのファーム(2)

かんのファームのラベンダー畑。斜めに横切るのが「花人街道」国道237号線(2006年7月22日撮影)

かんのファームのラベンダー畑はゆるやかな丘になっていて、丘を下から見上げると濃い紫色のラベンダー畑の向こうに何もさえぎるものがない、空が広がる素敵な風景を楽しむことができます。

また美瑛のすぐ北側に旭川空港が位置している関係で、空港に降り立つ飛行機が見えることもありますよ。

丘の上からラベンダーを見下ろしてもいいですし、ラベンダー畑に隣接して色とりどりの花々が咲き乱れる花畑がありますので、のんびり両方を眺めるのも良いでしょう。

 

美瑛の入口にある美しい花畑、ぜるぶの丘

ぜるぶの丘

美瑛の入口にあるぜるぶの丘の花畑(2006年7月22日撮影)

美瑛・富良野のラベンダーめぐり、続いてはぜるぶの丘Yahoo! 地図情報)です。

旭川からの「花人街道」国道237号線が、美瑛の街に入る坂を下る途中の右側にあります。たくさんの花と共にラベンダーが楽しめる所で、見通しが良い時は丘の上からの十勝岳連峰の眺めがお薦めです。

花畑の一部は、バギー・カートの周回コースの中に作られていて、バギーやカート(どちらも有料)から見ることもできますよ。

 

十勝岳連峰と花畑が楽しめる四季彩の丘

四季彩の丘

四季彩の丘のラベンダーと花畑。見通しが良ければ、畑の奥には十勝岳連峰が望めます(2006年7月22日撮影)

美瑛・富良野のラベンダーめぐり、続いてご紹介するのは四季彩の丘Yahoo! 地図情報)。

広大な畑が季節毎に見せる様々な風景が「パッチワークの丘」と呼ばれ、一躍有名になった美瑛。個性的な風景が花人街道の東西に広がっていますが、花人街道の東側にあるパノラマロードと呼ばれるエリアの奥に四季彩の丘があります。

美瑛の中でも十勝岳連峰の眺めが抜群に良いロケーションにある四季彩の丘は、丘の上から見下ろすように眺める花畑が印象的です。もちろんラベンダーの時期はラベンダーと色とりどりの花の共演による美しい花畑が楽しめますよ。

また見通しの良い日は、花畑の向こうに十勝岳連峰の雄姿をあわせて望むこともできます。

 

美瑛の丘をめぐりながら、素敵なラベンダーの風景を

柳川押し花学園 パステルガーデンの建物とラベンダー畑

柳川押し花学園 パステルガーデンの建物とラベンダー畑。こんな素敵な風景が美瑛にはあります(2006年7月22日撮影)

数々のCMの舞台となり、そのロケ地めぐりも楽しい美瑛。のんびり丘をめぐっている途中でラベンダーの素敵な風景に出会うこともあります。

美瑛の美しい風景を全国に知らしめた風景写真家 前田真三氏の写真ギャラリー「拓真館(たくしんかん)」は美瑛の観光スポットの一つですが、美瑛の中心部から拓真館へ向かう道路の途中に、ラベンダーとおしゃれな建物の組み合わせを楽しめる風景があるのです。

このおしゃれな建物は、押し花を教えている「柳川押し花学園 パステルガーデン」(Yahoo! 地図情報)。ラベンダー畑との組み合わせは、ここが日本であることを忘れてしまうくらい素敵な光景ですね。

美瑛には他にも花人街道の西側にある北西の丘展望公園など、ラベンダーの見所がありますのでゆっくりまわってみるといいでしょう。

続いては富良野周辺のラベンダーをご紹介します。心に刻み込まれる素敵な風景がたくさん揃っていますよ。 次ページに続きます。