男性の浴衣の着方と角帯での貝の口結びを紹介

男性の浴衣姿

イベントデートなどにカップルで浴衣というひとも増えてきました。
画像協力:チャイハネ
 

男性も若い世代を中心に、イベントやデートにと浴衣を着る人が増えてきました。女性に比べると比較的簡単に着られ、洋服より楽という人もいるほど気軽に楽しむことができる浴衣。

そこで今回は浴衣の着方と、角帯の結び方の中で一番ポピュラーなもののひとつ「貝の口」をご紹介します。

>>解説の名称がわからないときは、「着物の名称」を参照ください。
>>コーディネートは、「男性の粋な浴衣着こなしテク」を参照

男性の浴衣の着方

■用意するもの
・浴衣
・腰紐
・角帯
・肌着…汗染みや肌の露出が気になる方

■体に浴衣をなじませる

まずはサッと肩に羽織る

まずはサッと肩に羽織る

  1:両手を通さず、浴衣を羽織る。
 
反対側の手で衿を持ちながら

反対側の手で衿を持ちながら

2:片手で衿を持ちながら、片方ずつ袖を通す。反対の手も同じように袖を通す。
 
こうすると背縫いが真ん中にくる

こうすると背縫いが真ん中にくる

3:両手で袖の先を持って左右に引っ張る。こうすることで浴衣が体になじむ。
 
衣紋は抜かない

衣紋は抜かない

4:両衿を合わせ、背縫いが背中の中心に来るようにする。この時、背縫いを後ろに引っ張ると衣紋が抜けてしまうので注意(衣紋については「長襦袢の着方」を参照ください)。
 
■腰紐を結ぶ
 
腰骨に向かって合わせていく

腰骨に向かって合わせていく

5:下前の衿先を腰に向かって引きながら腰骨の上に決める。この時強く引きすぎて背中心がずれないように注意! 上前も同じように腰骨の上に決める。衿は、首に自然に添わせるようにして下ろし衣紋が抜けないようにすること。
 
腰紐は前は低め後ろは高めに

腰紐は前は低め、後ろは高めに

6:腰骨の上に腰紐をする。腰紐は、前を少し下げ後ろを少し上げ気味にするとよい。また、腰紐の位置で帯の位置が決まるので注意。
 
衿元はゆったりめに

衿元はゆったりめに

7:衿元は、あまりピッタリ合わせ過ぎると動きづらく、着崩れしやすいので、少しゆったり目に合わせるのがコツ。
 

自分に合った寸法の浴衣を

男性の浴衣は、紐1本で着ているといっても過言ではありません。女性ものに比べて丈や身幅などを途中で調節できる部分が少ないため、極力自分の寸法に合ったものを着るということが大切です。また、体型にボリュームがある方が腰紐や帯もしっかりと落ち着きますし、見栄えもよくなります。ですからあまり体型にボリュームがない人は、下着の上からウエストにタオルを巻いて補正をしておきます。
 
 

 角帯の結び方(貝の口)

■手を折り、たれを体に巻き付ける

輪が下にくるように 

輪が下にくるように

1:角帯の端(手)を20~30cm半分に折り、輪が下にくるようにして背中の中央に当てる。
基礎知識:角帯を結ぶとき帯の端を半分に折ったほうを「手」と呼び、もう一方を「たれ」と呼びます。








 
一巻きごとに引き締めながら

一巻きごとに引き締めながら

2:体型に合わせて、一巻きごとにしっかり引き締めながら胴に二巻きから三巻きする。









 
背中の中心で合わせる

背中の中心で合わせる

3:二巻き目(又は三巻き目)に背中の中央でたれと手を合わせてたれの長さを手と同じ長さに決める。帯幅が広いものや生地が厚めのものは、たれを少し長めに取っておく。







 
この時巻いた帯が緩まないように

この時巻いた帯が緩まないように

4:余った帯は、胴に巻いた帯の内側へ折りこんでおく。











■結び目を作る
 
たれを上に重ねる

たれを上に重ねる

5:たれを手の上に重ねて交差させる。









 
しっかり締める

しっかり締める

6:そのままたれを上に引き抜き、しっかりと締める。









 
上側がシワにならないように

上側がシワにならないように

7:たれを垂直に下ろし、左斜めに折り上げる。










 
結び目をしっかり結んで安定させる

結び目をしっかり結んで安定させる

8:手をたれの中に通し、手とたれを左右に引いて結ぶ。この時あまり引きすぎると結び目にシワができるので注意。








 

角帯を粋に結ぶコツ

貝の口は、角帯の結び方の中でも最もポピュラーな帯結びのひとつですが、同じ結び方でも結び目を真後ろではなく、少し左右どちらかにずらして結ぶとそれだけでとても粋に見え、雰囲気も変わってきます。このようなちょっとした工夫で人と差を付けるテクニックは、他の結び方にも応用できますので、覚えておくと便利です。

▼男性浴衣のコーディネートはこちらを参照
彼氏に教えたい! 男性の粋な浴衣着こなしテク
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。