カードをもちすぎて悩んでいる人はいますぐリストラを!

カードを持ちすぎているアナタへの処方箋

カードを持ちすぎているアナタへの処方箋

あなたのサイフを見せてください。サイフがカードでパンパンに膨れ上がっていませんか。とくにクレジットカードは大丈夫ですか。別の記事「メインカードは『三通』で選ぶとうまくいく」でも触れましたが、クレジットカードはライフスタイルに合わせて2枚を持てばいいのです。カードをたくさん持ちすぎて使いこなせない人は、リストラに着手してください。

4つのステップでクレジットカードは簡単に整理できます

でも、いざ2枚に絞り込もうとしても、それぞれ入会した時の経緯や思い出が詰まっているのでなかなか決まらないものです。しかし、甘いことはいっていられません。心を鬼にして、ズバッ、ズバッと切っていきましょう。それでは、これから、いらないカードを処分するための4つのステップについて紹介したいと思います(6枚以上のカードをもっている場合を想定します)。

第一ステップ 義理カードは解約する

まずは、手持ちのカードをすべてテーブルに並べてみましょう。そして、1枚1枚をどういう経緯で入手したかを思い出します。その時には、「友人の紹介でもったカードだから、彼に悪い」なんて思わないことです。情を入れるとダメ。義理カードは真っ先にリストラしてください。また、タンスに眠っているスリーピングカードがあれば、これもすぐに解約します

第二ステップ 年会費以下の利用しかしていないカードを解約する

次は費用対効果の点検です。1年分の利用明細書を取り出して下さい。年会費を払っていながら、利用が少ないものをピックアップします。たとえば、年会費2000円の百貨店カードで、5%の割引特典が付いているとします。そのカードで、年間4万円以上の買い物をしているなら継続して利用する価値がありますが、4万円以下の利用しかしていないなら、年会費分の元が取れていませんから、解約します。このようにそのカードのコストとおトクを比較してリストラしていきます。

第三ステップ Visa、‎MasterCard、JCBなど提携先がダブるカードを整理する

だいぶ整理が進んだと思います。次に残ったカードの中から、ぼんやりでいいですから、自分のライフスタイルやこだわりに近いカードを何枚か選びます。特典や国際ブランド(Visa、‎MasterCard、JCB、American Express、Diners Club)がだぶっていないかを確認し、もし重なっている場合には互いの利用頻度を比較して高いほうを残します。

第四ステップ 2枚に絞るか、全部解約して最高な2枚を取得し直す

メインカードとサブカードを決めます。まず、メインカードですが、自分のライフスタイルから選ぶのが無難です。買い物、旅行、ビジネス、ネットなどの中から自分にあったカードを選んでください。そして、サブカードはメインカードにない特典やサービスのあるカードを選んで補完します。または、航空系カードがメインならサブカードもマイルがたまる(移行できる)カード、といった具合にメインカードを補強する組み合わせもいいでしょう。1+1=2ではなく、1+1=3にも4にもなる上手な組み合わせを探しましょう。

どうしても手離せないカードは?

すぐにリストラを断行できないなら、手離せないカードの見極め期間を設けます。一定期間利用しなくても不便やおトクを感じなかったら、持っていても仕方ないのでリストラです。ふさわしいカードが見つからない時には、全部解約してもう一度最初から選び直す方法もあります。

また、せっかく自分にふさわしいクレジットカードを選ぶわけですから、この機会にゴールドカードやプラチナカードへのアップグレードを考えてもいいでしょう。味わったことのないカードライフを満喫できるかもしれません。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。