年収1000万円家庭が使えるお金は?

まず、手取りの額を見てみましょう。年収1000万円家庭の社会保険料230万円を引いた年間の手取り額は、770万円。まだまだリッチ。でもここから、共働きの時に買ったマイホームの住宅ローン6000万円の返済と固定資産税などの住居関連費260万円を引くと、510万円。これだけでイメージしていた1000万円のおよそ半額になってしまいました!

そして、私立の小学校に通う子どもの学費と、通学の定期代、おけいこごと等の費用を引くと、残りはもう380万円に!

この380万円が年収1000万円家庭の実際使えるお金だったのです。「夢の大台1000万円」と比べると、随分差がありますね。年間の生活費が360万円で、年間収支が20万円なので(前ページの表参照)、毎月30万円使って年間20万円余る計算ですが、このお金も、特別費や増えていく教育費などでいつか消えてしまいそう。

このままでは、住宅ローンの繰り上げ返済に回すお金や、レジャー費もなく、子どもの教育費が最もかかる大学入学の準備もできません。毎月30万円の生活費の中身もマイカー関連費、保険料、夫こづかい(ランチ代、タバコ代etc)、などの大部分が固定費で消えてしまうケースが多く、見直しが必要です。

年収300万円カップルが使えるお金は?

一方、夫婦それぞれの年収が300万円の夫婦の手取りは、それぞれ18万円程度。慎重にならざるを得ません。マイホームを買う時には、中古のマンションを選び、出来るだけ頭金を多くする事で手に届く物件を探しました。

子どもも当然、公立の小学校。年収300万円カップルの世帯年収600万円から、ここまでの費用を引いた実際の生活費に使えるお金は、390万円。住宅費用と教育費を引いただけで、もう年収1000万円家庭よりもリッチに! 生活費が月30万円(年間生活費360万/12ヶ月)ですから、仮にあと20万円に節約出来れば、まだまだ貯金や繰り上げ返済、子どもの教育費の準備が出来そうです。

年収1000万円でも、しあわせになれないの?