保険契約の一般的なルールを定めた法律

保険契約についてのルールは、これまでは「商法」の中で定められていました。ところが、商法の保険契約についてのルールは、明治32年に商法が制定されてから、100年以上も改正されていませんでした。

こんなに古い法律ですから、難解で読みにくいのはもちろんですが、現在は広く普及している傷害疾病保険(いわゆる医療保険)のルールがないなど、今の保険事情にマッチしていない問題がありました。これではいけないということで、現代社会と保険事情にマッチするよう、ルールを全面的に見直し、商法から独立した新しい法律を作りました。これが「保険法」で、今年4月1日から施行されています。実に、100年振りの改正だったわけです。

保険法には、保険契約を結んだときから、中途解約・満了・消滅などで契約が終わるまでの間の、保険契約における関係者の権利義務などが定められています。実際には、保険法に基づいて改定・作成された各社の約款で契約上の具体的な権利・義務が決められます。

保険法の主な特徴は、傷害疾病保険に関するルールが設けられたこと、保険契約者・被保険者・保険金受取人のためのルールが整備されたことです。具体的には、告知制度に対するルールの見直し、保険金支払時期についてのルールの新設など。多くのルールが「片面的強行規定」とされたことも特徴と言えます。

片面的強行規定とは、保険法のルールよりも、契約者や被保険者などに不利な内容の約款の定めは無効とされることです。

保険法のルールが適用されるのは、原則、今年4月以降に結ばれた契約ですが、一部については3月までに結ばれた契約にも適用されるルールがあります。知っておきたいルールのいくつかを見ておきましょう。

なお、保険法が施行されても、私たちが何か手続きをする必要はありません。

具体的なルールは次ページで