ニュージーランド 目的地別(北島・南島)の旅行プラン

南島南部のミルフォードサウンド

南島南部のミルフォードサウンド©ニュージーランド政府観光局

日本から片道11時間もかかるニュージーランド。以前ニュージーランド航空から1泊3日という弾丸ツアーなるものも販売されていましたが、ニュージーランドを旅行するなら最低でも5日(現地3泊)はかけたいところ。

限られた日数でニュージーランドの北島と南島の見所を一気に見てまわるのは大変なので、効率よくまわれるように事前に旅行プランを立てたいものです。旅行するルートを考える時に基本となるのは、日本からの直行便が就航しているオークランドと、南島観光の中心となるクライストチャーチ。そこからどのようにまわっていくかになります。

この記事では、目的地別にどのくらいの日数で、ニュージーランドをどう見てまわることができるかまとめてみました。

<目次>

■定番モデルコース ■上級者向けモデルコース

定番モデルコース!
南島周遊:クイーンズタウンからクライストチャーチへ(3泊5日~)

ミルキーブルーの湖が美しいテカポ湖

ミルキーブルーの湖が美しいテカポ湖

ニュージーランド旅行の中で人気のあるのは、3泊5日で世界遺産ミルフォードサウンドとニュージーランド最高峰のマウント・クック、美しいテカポ湖といった見どころをまわる南島周遊コース。

日本からクイーンズタウンへの直行便は無いので、オークランド経由でクイーンズタウンへ移動します。次の日は、日帰りでミルフォードサウンドクルーズツアーに参加。翌日はバスでニュージーランド最高峰クック山やテカポ湖をまわりクライストチャーチまで移動し、翌朝の便でクライストチャーチからオークランド経由で日本へ帰国というのが定番プランです。

長距離バスでクイーンズタウンからクライストチャーチへの移動では、壮大なサザンアルプスを背景にニュージーランドらしいのどかな牧場風景が車窓から広がります。途中にはクック山やテカポ湖などの人気のスポットにもまわれます。

3泊5日からですが、見どころの多いクイーンズタウンや、満天の星空が美しいテカポ湖ではもう1泊 ずつしたいものです。