情報収集のためのツールとして人気のRSSリーダー。ブックマーク、お気に入りと違い更新された情報だけを読み込むため、自分からサイトに訪問し更新されているかどうかの確認をする必要がなく、効率的に情報の入手が可能です。

RSSリーダーはブラウザやメーラーに標準で搭載されているタイプやインストールして使うタイプ、デスクトップガジェットタイプなど色々ありますが、PCに依存することなくいつでもどこでもどのPC、携帯でも使えるホームページタイプがお勧めです。今回はホームページタイプのお勧めRSSリーダーを3つ紹介致します。

livedoor Reader

サクサクと動く高速性で多くのユーザーの支持を集めるlivedoor Reader
サクサクと動く高速性で多くのユーザーの支持を集めるlivedoor Reader

livedoor Readerの最もお勧めできるポイントはその高速性と使い勝手の良さです。特に気になった記事を同じlivedoorが運営するソーシャルブックマークサービス、livedoorクリップに1クリックで登録できるなどlivedoorの別サービスとの連携がスムーズな点が便利です。

こういった別サービスとの連携は他でもやっていますが、その中でもlivedoor Readerをお勧めする理由は、はてなブックマークやYahoo!ブックマークなど別企業のソーシャルブックマークサービスにも対応している点です。設定を変えるだけで9つの別企業が運営するソーシャルブックマークサービスへ1クリックで登録が可能になっています。

とにかく素早く記事を読みたい、livedoor以外のソーシャルブックマークサービスを利用しているなどアクティブにネットを利用するユーザーに特にお勧めです。

Googleリーダー

初めてRSSリーダーを使いたいというユーザーにお勧め、Googleリーダー
初めてRSSリーダーを使いたいというユーザーにお勧め、Googleリーダー

Googleリーダーのお薦めポイントは、おすすめの新着情報を教えてくれるイチオシです。これはある程度、登録したRSSが増えるとその情報などを元に登録したものに近いブログやニュースサイトを紹介してくれる機能です。なかなか自分で気になる情報を全て見つけるのは難しいですが、これがあれば簡単に自分の好みの情報を入手しやすくなります。

またGoogleリーダーの中にメモとしてソーシャルブックマークサービスのような機能があるのも特徴の1つです。たとえばRSSで受信した情報を他のユーザーと共有したり、いま読んでいる記事をコメントやタグをつけてGoogleリーダーの中に保存できます。新たにソーシャルブックマークサービスに登録するほどではないが、情報をちょっと保存しておきたい時などに便利です。

上述したどちらの機能も初めてRSSリーダーを利用するというユーザーにぴったりの機能です。Googleリーダーは、まずはちょっとRSSリーダーを使ってみようといったユーザーに最適です。