株、不動産、個人向け国債、資産運用を考える人にとって複数の資産運用商品があります。
「そういった複数の資産運用商品のなかで、何がいったいお得なのか!」
を比較する方法があります。
それが利回りです。


利回りとPER

例えば国債だと、10年国債で1.3~1.4%程度です。
投資用マンションだと大体、年5~8%程度だと思います。
では、株はどうでしょうか?

株の利回りを計算する方法のひとつにPERという指標があります。
これは株価の高い安いを判断する指標として、株価が1株当たり利益の何倍で買われているのかを示す指標です。
数式で表すと以下のようになります。

PER = 株価 / 1株あたり利益(EPS)

*1株あたり利益とは、企業の当期純利益を発行済株式数で割ったものです。また、

PER = 時価総額 / 当期純利益
と表すことが出来ます。
*時価総額は現在の株価に発行済株式数を掛けたもので、株式市場における企業全体の価値を表します。

次ページでは例を挙げて、PERの詳しい説明をします。

関連記事
資金の投資目的について考えよう
関連リンク
専門用語検索 ~株式投資に役立つ情報~ [All About はじめての株式投資]
[All About 『はじめての株式投資』 トップページ]
[All About 『マネーチャネル』 トップページ]
[All About トップページ]