こんにちは、ルークです。

先週から始まりました、ウィークリーで中国株の友好サイトの管理者の方々に再度お勧め銘柄を紹介していただくコーナー「チャイナ リコメンド」(今、タイトルをつけました!)です。

今週は、今回の特集でもずいぶん登場していただいた打倒!金持ち父さん」の管理者、『おっさん』さんにお勧め銘柄を紹介していただきます。

----------------------------------------------------------
江蘇高速とペトロチャイナです♪

江蘇高速道路 (0177)




ローリスク・ミドルリターンが期待できる銘柄です♪

江蘇高速は、中国の長期的な自動車ブームの恩恵を間接的に、そして確実に受ける銘柄のうちの一つである。

確かに、自動車ブームをでっかく狙うのであれば自動車銘柄であるが、今後中国では国内・海外を交えた自動車企業の競争が激化していくことがほぼ確実です。

自動車銘柄の勝ち組を狙うよりも、投資の確実性を望むのであれば、江蘇高速などの高速道路銘柄はオススメである。株主資本率は継続的に90%程度あり、財務的には良好な状態である。

おっさんとしては、もう少しレバレッジを効かせてもらってもいいが、(笑)ROA6.29に文句はないが、レバレッジを効かせてもらい買収を重ねることでさらなるROE向上を目指して欲しい。

中国が熱い!
キャッシュフローをみると、事業に対する投資は営業キャッシュフローの範囲内で行っており、保守的で良好な経営を行っている。もう少し、ガツンとやってもらってもかまわないのだが。(笑)

ビジネスとしては、売上高営業利益率が50%を超えており、おいしいビジネスと言える。高速道路運営というビジネスもバフェット的な独占的ビジネスと言えるであろう。配当性向が約75%もあるが、毎年、毎年、株主に高い還元をするのではなく、その分を事業買収の資金に活用してもらうことで、将来、さらに大きな還元をして欲しい。おっさんがさらなる追加投資をするのであれば、EBRR2以下を目指したいところである。

しかし、まだこの銘柄を保有していない方であれば、とりあえず小額投資して、下がったところに買い増しすることをオススメする。

売上高営業利益率が50%を継続的に超えており、バフェットが好むであろう独占的なビジネスを行っており、その経営も株主資本比率90%、フリーキャッシュフローも継続的にプラスと、保守的な経営を行っている。今後も、自動車ブームの到来、地理的に良好な立地といった、良好な外部要因の中、継続的な成長が見込まれる。