《目次》
◆預貯金利率VSカードローン金利
○○様ご用達キャッシング基金
隠れたメリット
コツコツと基金を殖やそう
用語解説★(キャッシングサービス、カードローン、ゆうゆう   ローン、総合口座の自動融資)


預貯金利率VSカードローン金利

ペイオフ解禁を受けて、都市銀行は普通預金の利率をなんと0.001%という超超低利率に変更しました。定期預金でも1年ものが0.03~0.35、5年でも0.1~0.6%という利率です。

一方、キャッシングやカードローンは、下の表のように、1年定期預金利率の28倍~970倍以上と非常に高い金利になっています。


銀行(系)カードローン金利(100万円までの契約)
  あおぞらカード        14.8%
  モビット            15.0%
  東京ビザカード         9.8%
  東京三菱フリーローン  7.875%/9.375%
  UFJ銀行フリーローン   9.875~13.875%
  みずほカードローン    11.6~13.6%
  三井住友カードローン     13.8%

その他のキャッシング、カードローン金利
            キャッシング  カードローン
 オリックスクレジット         8.7~12.6%
 JCB         27.8%       12.6~16.8%
 DC          27.8%       18.0%
 ジャックス      18.0/15.6%    15.0%
 NICOS        26.28%       24.6%
 オリコ         27.6%       25.0%
 武富士         27.375%       ?
 アコム         27.375%       ?
 レイク         29.2%         ?
 プロミス          25.55%        ?

 
超低金利の時代には、とにかく借金をしないことが一番の資産運用であることが、よく分かります。しかし予想外の出費に慌てふためくこともよくあることです。


【関連記事】「ボーナス100万円どうしよう?」