意外と自信のない方が多い、「和食」の食事マナー。和食は自宅で頂くことが多いため、家庭での癖が出てしまうようです。中でも「箸」のマナーは基本中の基本。しっかり押さえておいて下さい。


美しいお箸の持ち方、置き方

和食の基本は正しいお箸使いから。以下の動作を流れるようにこなして下さい。

箸

 

【持つ際】
1.まず、お箸を右手で持ち上げます

 

箸

 

2.次に、左手をお箸の下から添えます

 

箸

 

3.今度は右手をお箸の下側へ滑らせるように移動します

 

【置く際】
箸

 


1.右手で持っているお箸に、左手を下から添えます

 

箸

 

2.右手をお箸に滑らせるように上側から持ち

 

箸

 

3.お箸置きにそっと置きましょう

 

お箸使い方 タブー例

■×逆さ箸 
大皿から取り分ける場合に、同席の方に気を遣ったつもりの逆さ箸。実はマナー違反です。 手に触れる部分でもあるので衛生的にも、その後の見栄えも悪いので気をつけましょう。

■×渡し箸
器の上に置いてしまう渡し箸はNGです。お箸置きに必ず置きましょう。

■×刺し箸
転がりやすいものや滑りやすいものなどを、つい刺し箸で頂いてしまうことのないように!


割り箸の美しい割り方と箸袋のマナー

■割り箸の美しい割り方
割り箸は、縦に持って割るより、横に持ち『扇を開くように』片側のみを動かす方が上品です。

■箸袋の扱い方

お箸置きがない場合は、箸袋を代用しても良いでしょう。ただし、あまりにも凝ったものを折る、というのは衛生面からも好ましくありません。ひと結びする程度の方が、むしろおすすめです。

撮影協力:広尾亀よし
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。