誕生日には年金のお知らせもプレゼント!

年金情報のお知らせ~「ねんきん定期便」が一部スタート


平成16年3月から年金を受け取る時期が近づく58歳の人には、社会保険庁から「年金加入記録のお知らせ」が郵送で届くようになりました。このお知らせには、加入記録に間違いがないかどうか確認のうえ返送するはがきが同封されています。はがきを返送するときに年金見込額の送付を希望すると、後日郵送で「年金見込額のお知らせ」が届きます。

この「年金加入記録のお知らせ」と「年金見込額のお知らせ」の内容を、国民年金と厚生年金に加入する人全員に範囲を拡大して通知するのが、「ねんきん定期便」です。このねんきん定期便の本格実施は平成20年4月ですが、一部は平成19年中に前倒しして実施されます。現時点での導入スケジュール(予定)は以下の通りです。
 
【ねんきん定期便導入スケジュール(予定)】
年齢区分 導入スケジュール
20歳~34歳
36歳~44歳
46歳~49歳
平成20年4月より、誕生月に加入期間、保険料納付額、加入実績に応じた年金見込額を通知
35歳 平成19年3月より、35歳の誕生月に加入期間、加入履歴を通知。
平成20年4月より、35歳の誕生月に加入期間、加入履歴、保険料納付額、加入実績に応じた年金見込額を通知。
45歳 平成19年12月より、45歳の誕生月に加入期間、加入履歴を通知。
平成20年4月より、45歳の誕生月に加入期間、加入履歴、保険料納付額、加入実績に応じた年金見込額を通知。
50歳~54歳 平成20年4月より、誕生月に加入期間、保険料納付額、加入実績に応じた年金見込額、将来の年金見込額を通知
55歳~60歳 平成19年12月より、誕生月に加入期間、保険料納付額、加入実績に応じた年金見込額、将来の年金見込額を通知。
※58歳到達時には、上記に加え、加入履歴を通知。


35歳と45歳の人には、平成19年中に「ねんきん定期便」の一部が先行して導入されます(通知内容は:加入期間、加入履歴のみ)。
また、55歳以上の人には「ねんきん定期便」が平成19年12月から先行して導入されます(通知内容:以下の1~5全て)。

以下については、平成20年4月から本格実施されたときの通知内容です。
  1. 年金の加入期間
    第1号~第3号の被保険者の種類別の加入月数。第1号被保険者としての加入期間については、保険料の納付状況(納付済か保険料免除を受けているか)と付加保険料の納付も通知されます。
    また、厚生年金の加入者は、厚生年金の加入月数が通知されます。

  2. 加入実績による年金見込額
    1.で通知される加入実績のみで計算した年金の見込額が通知されます。将来の加入見込みは反映されず、年金額の計算も計算時の水準(例えば、平成19年に届くものならば平成19年の年金額を元に計算する)で行うので、実際の受取額とは異なります。

  3. 納付した保険料の累計額
    保険料を負担している第1号被保険者と厚生年金の加入者である第2号被保険者が納付した保険料の累計額が通知されます。

  4. 加入履歴
    年金の加入状況(勤務していた会社ごとの加入記録など)

  5. 将来の年金見込額
    50歳以上の人には、現時点で加入している制度に引き続き加入した場合の年金見込額、50歳未満の方には年金額の早見表が送付されます。

今年に限らず、来年以降も年金の改正は続きます。「知らなかった…」と、ならないよう、このサイトでは、今後も改正情報をお知らせしていきます。

◆関連リンク
あなたの年金額をシミュレーション
あなたのギモンに回答!「国民年金基金」をもっと詳しく
世代別の人気年金プランはコチラ

【編集部からのお知らせ】
・All Aboutで「お金」について、アンケートを実施中です!
※抽選で10名にAmazonギフト券1000円分プレゼント
※2022/1/1~2022/1/31まで

お金のYouTubeチャンネル2周年企画を1/12から配信決定!
マネープランクリニックでおなじみの深野康彦先生への大質問会、茂木健一郎さんに聞く金持ち脳と貧乏脳の違い、林家ペー・パー子さんに聞く老後のお金など……10日間連続でお金を楽しむ動画を配信します。
予告動画を見る

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。