シングル女性の持ち家率ってどのくらいかご存知ですか?
総務省の調査によると、単身世帯のうち家を持っている人の割合は男性が17%、女性は37%と女性の方が20%も多いという結果でした(1998年総務省「住宅・土地統計調査」)。
2003年に同様の調査が行われますが、マンション価格の下落、低金利などを考えると持ち家率はもっと高くなっているのではないかと思われます。

女性が住宅を買うと「結婚あきらめたの?」などと言われることもしばしば。でも、その考えはもう時代遅れ。もちろん、将来への不安から購入を決意する人も多いでしょうが、結婚はしてもしなくてもいい、人生の選択肢の1つにすぎないのです。
それに、結婚したとしても夫に合わせるのではなく「自分らしい生き方をしたい」という女性も増えてきたのではないでしょうか。

逆に、女性が家を持つことで結婚につながるケースも多いそうです。家を持つと自信が生まれ外見的にもイキイキとしてくる。そんな自立できている女性は男性から見ても魅力的だし、対等なパートナーシップが成立しやすいのだという嬉しいお話もあります(女性のための快適住まいづくり研究会「シングル女性のマンション購入が増えています」)。

*********あなたの一票************
シングル女性に質問!『あなたは住宅を買いたい?それともずっと賃貸住まいがいい?』

★ 家を買った! 
★ これから家を買いたい!
★ ずっと賃貸がいい!
★ わからない!

投票は終了しました。結果はこちら ⇒
あなたの一票

理由は何ですか?あなたの意見をお聞かせください。
意見・感想

*********************************

ちなみに私はひとり暮らし歴12年。その間3回引越しました。平均4年で住まいを変えていることになりますが、きれいな家に住めることや、交通の便がいいところに住めるという点で今のところ賃貸派。そもそも頭金を払えるほどの貯蓄がないというのもありますが、飽きっぽい性格の私は同じ場所にずっと住み続けることができないような気がするのです。

シングル女性のかおりさん(仮名・38歳)は、賃貸では気に入った物件が見つからないし、貯蓄もある程度たまってきたので、2年前に思い切って住宅を購入。「お気に入りのインテリアに囲まれていると、仕事の疲れも癒されます。女友達を呼んでホームパーティをすることも多くなりました。」と充実した生活に満足している様子です。

<関連リンク>
あこがれのマイホーム!住宅を購入したい

次のページは『住宅購入のポイントです』→