年利回り15%超!のお得な積み立て

マイナス金利政策が導入されて以降、俄然、注目が集まっている「デパート積み立て」。毎月決まった金額を積み立てるだけで、積立額の1カ月分が上乗せでもらえ、お得に買い物ができるとあって、1年後に使うお金の賢い運用法として、人気が高まっています。
 
確実にそのデパートで買い物をする予定がある人にはオススメ

確実にそのデパートで買い物をする予定がある人にはおすすめ



行きつけのデパートが決まっている、お金を貯めて買いたいブランド品がある、お中元やお歳暮は、やっぱり百貨店じゃないと……という人に根強い人気がある「デパート積み立て」とは、どんな商品なのでしょうか。

積み立ての仕組み自体はどこのデパート・百貨店もほぼ同じ。「友の会」に入会し(会費は無料)、積み立てのコースを選ぶだけ。積立方法は店舗に毎月持参するか銀行からの自動振替です。

たとえば、毎月1万円を12カ月積み立てると、1年後には1カ月分の1万円がボーナスとして上乗せされ、合計13万円分が戻ってきます。ただし、現金で戻ってくるのではなく、そのデパートや百貨店、提携先で使える買い物カードや商品券なので、確実にそのデパートで買い物をする予定がある、という人にしかおすすめできません。

12万円の積立元本で戻ってくるのが13万円。これを年利回り換算すると、なんと15.38%(中には8.3%という表記の記事もあるが、それは単純計算による)。その上、預貯金のように利子課税はありませんから、まるまる13万円を受け取れるのです。さらに、常に買い物が5%OFFになったり、レストランでの食事が割引になったり、提携商業施設での割引が受けられたり、バーゲン情報も入手しやすいなど、積み立て以外の特典も満載です。

では、どのデパート・百貨店で積み立てをしたらいいのか、三越伊勢丹の例で説明していきましょう。
 

買い物が前提なので、いくら必要かで決める

 
デパート積み立てのチェックポイント

デパート積み立てのチェックポイント

 

ポイント1)どこのデパートにする?

いつも買い物に行くデパートが決まっていれば、友の会があるか確認し、デパート積み立てをするのがいいでしょう。はじめて利用するのであれば、特典内容以外に、そのデパートには好きなファッションブランドがあるのか、積み立て終了後に買いたいと思う商品があるのか、食品売り場で買い物はするのかなど、実際のお金の使い道をチェックしておきましょう。積み立てはしたものの、余計な買い物をしてしまえば、それは無駄使い以外の何物でもありません。
 

ポイント2)積み立てコースは半年?1年?

12カ月の積み立てコースが一般的です。6カ月コースが用意されているデパートは限られています。主だったところでは、三越伊勢丹、大丸松坂屋、東急百貨店、小田急百貨店などで、積立額は5000円。異色なコースでは、観劇招待コース。高島屋では毎月5000円で12カ月積み立てると、ボーナスが観劇招待というもの。阪急・阪神では毎月5000円、12カ月コースで観劇、展覧会、行楽地へ年3回の招待。大丸松坂屋(一部店舗)では毎月7000円、12カ月コースの観劇コースがあります。そのほか、大丸松坂屋では、ボーナスが、温泉やエステなどカタログ掲載の100以上の施設で利用できるクーポン券というコースもあります。
 

ポイント3)毎月の積立はいくら?

5000円、1万円、3万円の設定がほとんどですが、なかには3000円と少額コースを設けているところもあります。一方、毎月5万円、年間60万円という多額のコースもあります。さすがに毎月5万円の積み立ては、金額がかさみますので、ほかの目的の貯蓄がきちんとできていて余裕があればと考えるべき。結婚が決まり、引き出物を買うために、あらかじめ積み立てをしておく、というのも賢いやり方です。
 

ポイント4)ボーナスは同じ?

12カ月コースではプラス1カ月分。これはどこでも同じ。6カ月コースでは5000円の積み立てでボーナス2000円か2500円。受け取り額が3万2000円か3万2500円となります。それ以外は、ポイント2で紹介した、観劇などに招待、クーポン利用券などがあります。
 

ポイント5)満期時の受け取りは?

最後の積み立てが終了すれば、ボーナス分も含めた満期額が受け取れます。満期のお知らせハガキが送られてくることが多いようです。また満期額は現金ではなく、そのデパートで使える買い物カードや買い物券など。買い物カードの場合、ネットショッピングで使えるデパートもあります。

主なデパート積み立ての情報は、下表のとおりです。
主なデパート積み立ての一覧

主なデパート積み立ての一覧



 

優待、割引、バーゲン情報をチェック

デパート積み立てはボーナスのほかに、デパートだからこそのメリットがあります。たとえば常に買い物が5%、お中元・お歳暮期に5%割引、会員カード提示でデパート内のレストランでの食事が10%OFF、系列ホテルの宿泊費が10%OFF、関西地区のデパートでは宝塚歌劇団の鑑賞券の割引など、実にさまざまな特典がいっぱいです。積立ボーナスは、ほぼ横並びなので、こうした優待内容で積み立てるデパートを決めるのもいいでしょう。

特徴的なものをいくつかご紹介しましょう。

●三越伊勢丹「エムアイ友の会」
なんといっても優待が使える店舗数が多いのが魅力。三越、伊勢丹のほか、丸井今井、岩田屋の全国各店で使えます。デパート内のレストランでの優待やドリンクサービスのほか、提携ホテルの無料招待券のプレゼントもあります。

●高島屋「タカシマヤ友の会 ローズサークル
お中元、お歳暮期には5%の割引優待があります。高島屋店舗以外でも、提携宿泊施設で優待が利用できるほか、映画、レジャー施設、カルチャーセンターなど幅広い分野で優待が利用できるのが魅力です。

●大丸松坂屋「JOY CLASS」
全国の大丸、松坂屋店舗での優待のほか、提携施設での優待がラインナップされています。異色なのは自動車教習所や人間ドックまで優待が利用できることです。JTB大丸トラベルサロン(心斎橋店、梅田店、京都店、神戸店)では、ルックJTBなどの旅行代金が3%OFFに。

●京王百貨店「京王友の会」
0歳(妊産婦)~12歳(小学6年生)までの子どもがいる家庭向けの「キッズクラブ」は、通常のボーナス以外に、出産、入学時、卒業時などの節目にお祝いがもらえます。家族で利用する提携施設や記念写真の撮影なども割引になるので、子どもがいる家庭には、こちらがおすすめです。

こうした優待、割引に加えて、4月入会キャンペーンやボーナス時期に合わせた新規入会キャンペーンなどを実施しているデパートも多いので、申し込みをするなら、こうしたキャンペーンを利用すると、さらにおトクです!
 

デパ友Q&A

Q 入会や申込みは面倒なのでは?
各デパートの友の会カウンターに行って、手続きをするだけ。必要な書類や印鑑を持参して申込みをすればOK。特別な審査はありません。また、インターネットからの申し込みが可能なところもあります。毎月の積立は来店して入金するか、指定金融機関からの振替です。

Q 積立金額を増やすことは可能?
紹介している毎月の金額は、いずれも1口あたりのもの。希望の金額によって口数を増やせます。その際、口数を分けて申し込むという手も。たとえば1万円積み立てるなら、夫婦それぞれの名義で5000円積立の会員になれば、優待、割引も2倍お得に受けられます。デパートによって上限の口数が決められているので、各デパートで確認を。

Q デパートが倒産したらどうなるの?
通常の金融商品とは異なり「割賦販売法」という法律に基づいて、各デパートの友の会は運営されています。会員の積立金や満期後に買い物カードなどに入金されたお金は、その2分の1に相当する額が、供託によって保全されています。しかし定期預金などのように公的な機関で元本が保証されているわけではありませんので、万一の時には、全額戻ってこないこともありえます。倒産リスクはゼロではない、と考えましょう。

【関連記事をチェック】
1年で100万円を目指す!貯蓄プラン4つのセオリー
「脱・普通預金!」お金は正しい場所に置きましょう
お金を貯める第一歩「ひとつ我慢する生活」とは?
30年後に大差が!毎月1万円の増額が大事なワケ
 
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。