「どんなに美人で仕事ができても、30代以上・未婚・子ナシは“女の負け犬”なのです」
(負け犬の遠吠え/酒井順子著・講談社)

今年に入って何かと話題になる「負け犬」。
たしかに今、20~30代の未婚率は急激に増加しています。1970~2000年の間に、女性20代後半の未婚率は18%から54%へと3倍に増え、半分以上が未婚者となりました。また、男性30代前半では12%から43%へと3.6倍になっています。30代後半でも女性の7人に1人、男性の4人に1人は未婚者です。(平成12年国勢調査)

<未婚率の推移>



今後も増えると予想される単身者を対象に、生命保険文化センターが生活設計について調査しました。さて、気になるその結果は?
調査対象:首都圏在住の35~54歳の男女(離死別含む)1,670人。調査対象の平均年収=415.8万円、平均貯蓄=867.3万円、平均負債=369.7万円(生活設計と金融・保険に関する調査Vol.5)