いよいよあなたも投資デビュー。たくさんある投資信託も、ポイントを絞れば選びやすい
はじめて投資にチャレンジするなら、少額から始められて、値動きがあまり大きすぎないものがおすすめ。

株式投資だと、安いものでも5万円~10万円程度のお金が必要になります。それでやっと1つの銘柄が買えるわけで、その企業の株価が下がったら自分の資産も減ってしまう、というリスクを伴います。

その点、投資信託なら1万円程度から購入でき、複数の株式に投資するので、1つの企業の株価が下がっても、他の株が上がっていればリスクをカバーすることができます。どの銘柄を買おうかと迷う必要もなく、投資デビューに向いている商品でしょう。もちろん、全体的に株価が下がることもあるので、短期間で儲けようとするのではなく、長い目で見て成長していくことを見守るスタンスで行うことが大切です。

投資信託にもたくさんの種類がありますが、はじめて買う人におすすめなのは「インデック型」。選ぶときのポイントについて解説します。

インデックス型の投資信託って?

投資信託には、運用のスタイルによってインデックス型とアクティブ型に分かれます。

インデックス型は日経平均株価やTOPIXといった市場の動きを表す株価指標に連動させることを目標にしたものです。株価指標は毎日ニュースや新聞などで目にしやすいので、初心者にも値動きが分かりやすいと思います。また、市場全体に投資できることや、手数料が安いこともメリットです。ただし、市場全体が下がっているときには、運用成績も下がります。

アクティブ型は、割安な株にだけ投資する、ベンチャー企業だけに投資するなど、ファンドマネージャーが方針を立てて、市場平均を上回ることを目標に運用するものです。インデックス型よりも大きく増える可能性がある一方、大きく減るリスクもあります。また、情報収集や分析などにも人手と時間をかけるので、手数料が高めに設定されているものが多いです。

それぞれこのような特徴があるので、はじめての人なら、やはり値動きが分かりやすく、コストも低いインデックス型の中から選ぶといいでしょう。

次のページは、「投資信託をどこで買える?」「手数料をしっかりチェック」「基準価額、資産規模も選択の目安」です。