キャッシュカード、インターネットバンキングともに普及し、私たちの生活に欠かせないものとなってきました。同時に、これらを悪用した犯罪も急激に増加しています。我が家の財産防衛もしっかりチェック・実行していきましょう!

【Contents】
■あなたのすぐ身近に潜む犯罪(1ページ目)
■いざ被害に遭った時のために知っておきたい対処法(2ページ目)
■万が一の犯罪の被害を、最小限に抑える対策(3ページ目)
■ネット犯罪対策 いかに個人データを守るかが決め手(4ページ目)

あなたのすぐ身近に潜む犯罪

ネット犯罪
急増するネット犯罪から財産を守りたい!
先日、キャッシュカードやインターネットバンキングにからんだ犯罪の2006年度被害状況が、金融庁より発表されました。

それによると、キャッシュカードの盗難により預金を不正に引き出された件数は、6,603件と前年度に比べて8.6%増加。インターネットバンキングの被害件数も98件と倍増しています。

また、一件あたりの平均被害金額では、盗難キャッシュカードによる被害額は45万円、偽造キャッシュカードによる被害額は90万円、インターネットバンキングによる被害額は104万円です。

前年度に比べて減ってはいるものの、軽視できる金額ではありませんね。被害にあった当事者のショックは相当なものです。

いざ被害に遭った時のために知っておきたい対処法  次のページへ