街角で配られている、消費者金融などのポケットティッシュ。実に87%の人がもらうそうです。(あなたの1票調べ)ティッシュ裏に書かれている、あの暗号のような文字は一体何?実は、あのスペースには重要な情報がぎっしり詰まっているのです。さあ、あなたも街でもらったティッシュの裏をよーく見てみましょう!

その1ここに注目! 借りる前に必ずチェック
その2ここに注意! 返済方法
その3さらに詳しく 某社の社員に聞いてみた

その1ここに注目! 借りる前に必ずチェック

ティッシュの裏の、お店の地図が書いてあるその下貸付条件、又は横です。小さな文字で、「キャッシングのご利用」「貸付条件」「キャッシング基準」と書かれているところです。

融資額
 多くが1~50万円です。

利息(実質年率)
「実質年率」って何?
 いわゆる、年利(一年にどれだけ利息がつくか)です。消費者金融などでは、借りた日数だけ利息がかかる日割計算なので、この「実質年率」から借りた日数分の、利息を計算します。
計算方法
 借入残高×「実質年率」÷365×日数
●●%~▲▲%
 このように書かれているところは、初めて借りる時は最高年率になることが多く、利用回数が多くなると年率が低くなるケースが多いです。

要審査
 運転免許証か、健康保険証などが必要で、50万円を越えるとそのほかの書類が必要になります。店頭でも自動契約機でも、本人確認をして他社での借入状況などを調べ、融資出来るか、いくらか決まります。

そして、次が一番難しいところです。


その2ここに注意! 返済方法

街角でもらったティッシュを調べたところ、ざっとこれだけの返済方法がありました。全部わかりますか?
 1 一括返済
 2 残高スライドリボルビング返済
 3 借入残高スライドリボルビング返済
 4 定額リボルビング返済
 5 元利定額リボ払い
 6 元金定額リボ払い
 7 毎月一定元金とお利息のお支払い
 8 残高スライド定額方式
 
さあ、大変。「リボ?」「スライド?」みんな同じだと思っていたら、大間違いです。借りる時に金利チェックする人は多いと思いますが、実はこの返済方法で、結果的にたくさん利息を払うという事にもなります。
次のページで、詳しく解説しますね。