裏わざは使えるの?
 
うわさの裏わざ
 「今ある借金を『無利息キャッシング』で借りて返済し、1週間後に他で借りて返済すれば金利が安くなる」という裏わざが
あるそうです。一度返済してまた無利息で借りられる「ノーローン」を利用するものですが、どういう事か見てみましょう。

 A社に10万円借金がある。
 「ノーローン」で10万円借りてA社に返済。
   1週間無利息
 1週間後A社で借りて、「ノーローン」に返済。
   利息1日分
 次の日「ノーローン」で借りて、A社に返済。

 これを3~4と何度も繰り返すと、利息はA社のみで借りるより、8日間の利息が1日分ですむので、安くなると言うわけです。でも・・・
!利息は安くなるけど、すごくたいへん。
借金を借金で返す場合は、完済するという強い意志がなければ、手元にお金が増えてつい使ってしまう場合が多いのです。毎週、あっちで借りてこっちに返して・・・と言うのは結構面倒ですし、近くに店舗やATMが無い場合は銀行振込になり手数料もかかります。

こんな人は注意
 「給料日前まであと1週間」というお金が入ってくる予定がある人は、計画的に利用すれば無利息で給料日までお金が借りられます。シンキのホームページによると無利息キャッシングを利用して、3年間1円も利息を払っていない人が約6500人もいるそうです!

 ただ、お金が入ってくる予定がわからないのに「とりあえす無利息でお得だから!」と借りてしまったり、「他の借金の一時しのぎに」という使い方は、決められた日数を過ぎれば高い利息がかかるので注意が必要です。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。