ボーナスの預け先はどこ?
今年はボーナスのでる金額がチョット多かった人もいたのでは?
先日、「夏のボーナスはどうしますか?」という質問に約半数の人が「貯蓄する」と答えました。「貯蓄する」と答えた人はどのような金融商品に預けたのでしょうか?

まだ悩んでいる人もいると思いますが、ボーナスキャンペーンを上手に利用すればさらにお得な今の時期。どんなことに気をつけて金融商品を選んだらよいか考えてみましょう。



何を買おうか迷っている人は

金融商品を購入する場合、これから世の中がどう動くかを考えることはとても大切なことです。例えばこれから世の中の景気はよくなって、インフレになる可能性があると考えた場合は「株式」や「日本株の投資信託」などを考えるのもよいと思います。
また、株価指数に連動する「ETF」という投資信託もよいのはないでしょうか?「自分で株を購入したいけど、銘柄が選べない。」という人は多少手数料をはらっても投資信託を選択してもよいと思います。

「株式」や「投資信託」などあまりやりたくないという人や、「リスクをとるのはいや」という人はネット専業銀行の定期預金を考えてはいかがでしょうか?ただし、今は金利などもあがりそうなので、このような時期に長期の定期預金にお金を預けるのはチョット待ちませんか?

安定型の金融商品の場合、状況に応じて自分の大切なお金をすぐ動かせる金融商品を利用しておくことをおすすめします。例えばソニー銀行の定期預金6ヶ月は100万円を預けると0.146%の金利です。オリックス信託銀行の6ヶ月定期だと0.15%です。同じ定期預金でもどこに預けるかでお金の増え方がかわってきます。

今買ったらいけない金融商品ってある?

「これから景気は回復するぞ」と思っている人は、金利の上昇についていかない長期の固定金利の商品は購入することはやめましょう。購入したときの利率が満期まで変わらないような商品を購入すると他の商品の金利が上昇しているのに、自分だけ「浦島太郎状態」になってしまいます。今は経済状況にあわせて金利も変動する商品を購入するか、固定金利でも短期の商品にしたほうがよいと思います。


どうですか?ご紹介した金融商品とボーナスの夏のキャンペーンを組み合わせることでさらに賢くお金を運用してくださいね

関連リンク
夏のボーナスキャンペーン

[All About 夏のボーナス特集]
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。