食費1万円台のすごい主婦たち

「食費が月5万円って多いですか?」「やりくり上手は食費が月1万円台ってホント?」。みなさん、よそのお宅の食費が気になるようです

「食費が月5万円って多いですか?」「やりくり上手は食費が月1万円台ってホント?」。みなさん、よそのお宅の食費が気になるようです

毎日の積み重ねで誰にでもできる食費の節約術は関心が高く、主婦向けの雑誌の人気企画です。

中でも、「ひと月1万円台」や「週3000円の献立」などの文字が目につきます。週3000円だと、ひと月1万5000円。見事に1万円台ですね。家計簿をつけていない人は、この1万円台というのが安いかどうかピンとこないと思いますが、すごいことなんですよ。

1万円台は、1万円から1万9999円まで幅があります。仮に、ひと月の食費が1万9800円だとしたら、1日わずか660円。3人家族だとすると、ひとり1食73円です。小学校の学校給食が1食250円くらいなので、給食費を頑張って押さえている、全国の小学校よりも頑張っているわけです。

30代のファミリーの平均は4万円台?

ここで「月1万円台の食費=優秀な家計」という図式ができあがり、食費が4万円や5万円になろうものなら、

「うちは食費が多すぎる」
「私ったら全然やりくりできていない」

と、特にまじめな人は悩んでしまいます。

では、ここで雑誌にはめったに登場しない、全国のご家庭の食費を見てみましょう。総務省家計調査(平成24年)から、2人以上の勤労世帯のデータをピックアップ。世帯主の年齢が25~39歳までの5才刻みの平均値をご紹介します。
  • 25~29歳 月4万7404円(うち外食1万2637円)
  • 30~34歳 月5万4450円(うち外食1万4768円)
  • 35~39歳 月6万2891円(うち外食1万5936円)
いかがですか?食費はいずれもおよそ5万円から6万円台。ここには学校給食を含む外食費も含まれていますので、それを引くと家計簿のいわゆる「食費」が出てきます。20代は約3万5000円。30代は、約4万円から約4万7000円なのです。

ですから、30~40代で「食費が月5万円もかかっている」という家庭は、それは特別多くありませんよ!ということになります。

でも、やっぱり気になる「すごい主婦たち」のやりくり術。次のページでは、どんな食材を使い、どんな献立なのかを検証します。