前回の「外貨に投資するタイミングの見極め方はコレ」の記事では、外貨投資を行うタイミングの考え方から損益分岐点の求め方などを解説しました。そこで今回は、私が外貨投資を行う時に使っている分析ツールをご紹介していきたいと思います。

分析ツール1:チャートを利用する


私が過去に書いた記事を何度か読んだことのあれば薄々気づいている人がいるかもしれませんが、私は株価チャートを使ったテクニカル分析を利用している個人投資家の一人です。テクニカル分析というと株式投資のイメージがあると思いますが、私は外貨投資でもテクニカル分析を活用しています。
為替のチャートを活用して、テクニカル分析に挑戦してみよう!

株価チャートとは、相場の転換点を知るために株価の動きをグラフ化したもののことです。外貨投資の場合には、為替の動きをグラフ化した為替チャートを利用して、テクニカル分析を行います。為替チャートは、見た目は株価チャートとまったく変わりませんし、分析方法も株式投資と同じです。慣れるまでは違和感があるかもしれませんが、ぜひ利用してみてください。

株価チャートについて知りたい方は、「株価チャートを相場分析に活用」「株価チャートの達人になろう」へどうぞ。

私が一番使うテクニカル分析はコレ


テクニカル分析には色々な分析方法がありますので、「どの分析方法を利用すればいいの?」と思う人も多いことでしょう。私が為替チャートを分析する時には、「今は円高基調」「今は円安基調」という風に、トレンドライン(為替の方向性)の把握をもっとも重視しています。

株であれば1円まで、為替であれば1銭まで、テクニカル分析で価格をはじき出すことはできます。しかし私は、外貨投資ではそんなに細かく分析するよりも、トレンドラインに合わせて取引することの方が重要だと思っています。トレンドラインを利用して、為替の方向性と転換点を分析することが、外貨投資で儲けるための第一歩になるのではないかと思っています。

それでは、次のページでは、私が使っているもう一つの分析ツールをご紹介していきます。