がん保険と一言で言ってもその数はご存知のとおり沢山あります。生命保険定番の「セールスに勧められるがまま」この状況はがん保険にも当てはまります。そこで今回は、親戚に癌のかたが多く不安を感じているあなた、つい最近友人や知人を癌で亡くし不安を感じているあなたにがん保険選びに役立つ情報をお伝えしたいと思います。
誰にでも癌に襲われる可能性が・・・・


がん=癌は日本人の病気による死亡原因のナンバーワンです

亡くなる方の3分の1が、癌が原因で命を落とすようです。一昔前の常識では「癌家系」と呼ばれ、癌患者の殆どが、遺伝が原因とされていました。しかし、現在3人に一人が癌で亡くなる事実を見る限り自分の家系に癌に罹った人が居ないとしても決して他人事ではないことが明らかなのです。

誰にでも癌になる可能性はある

人生60年の時代だった数十年前、癌で亡くなる人は今よりずっと少なかったようです。これは実は癌になる人が少なかったわけではなく、癌に罹る前に殆どの人が別の病気で亡くなっていたということも言えるようです。癌は細胞の老化現象の一つとも言われ、また、日常生活におけるストレスの積み重ねによる免疫異常が細胞を癌化させてしまうという説も有力視されています。
長い前置きになってしまいましたが、こうしたお話からも分かるように結局のところ癌家系でなくても癌になる可能性は十分にあると考えたほうが賢明であることは明白なのです。

癌治療の現実

癌は死と隣り合わせの病気です。糖尿病や高血圧症などの生活習慣病も同様に気になる病気ではありますが、これらの病気の印象が死と結びつく人は殆どいないでしょう。しかし早期の癌はまだしも、末期癌の場合「余命」という言葉がついて回る、もっとも死に近い病気です。

そんな癌の治療には西洋医学では3大療法といわれる治療法が一般的です。「抗がん剤」「放射線」「外科手術」です。しかし多くの書籍を読み、多くの資料を目の当たりにするとこれらの治療には限界があり、確実に治す治療というよりは、「他に打つ手がないからこれらの治療しか行えない」といった後ろ向き治療であるという見解を持ち、これらの療法に否定的な医師が多いのも事実です。3大療法を捨て、代替療法と呼ばれるさまざまな方法に命を託した人、託している人が多いという事実があります。さまざまな書籍やうわさ、癌を克服した方本人の話は3大療法が抱える沢山の問題点を指摘しています。

癌を治すための費用

癌はいまだ完治に向けた治療法が確立されていません。そして、薬剤自体も厚生労働省から保険適用を受けていない、患者が高額な負担を強いられる薬が多いのも誰もが知るところです。

現在はさまざまな工夫によりそれほど負担のない形で3大療法等で適切な治療を受けられるようですが、ご存知のとおり一朝一夕で治る病気でないことはいうまでもありません。じわじわと家計の負担は積み重なっていきます

また、3大療法を拒否、もしくは受けられない状況になった場合、このままあきらめて余命を全うするか、最後まで希望を捨てずに民間療法、代替療法を模索するかという選択肢となります。

最後まであきらめない場合、代替療法や各種サプリメントや食事療法などは健康保険の対象外の治療であることはいうまでもありません。大きな経済的負担を強いられます。

命を託す治療は決して安いものではないのです。一月で数十万もかかる可能性があることを認識する必要があるようです。

保険と癌の関係

このサイトでも再三に渡り医療保険について説明してきましたが、ここでもう一度お話しなければいけません。がん保険も医療保険の一種です。癌という病気にフォーカスし若干エッセンスを加えた保険です。したがって医療保険と同様に、「癌が原因」での入院という事実が必要です。

ただし、がん保険はその病気の治療に一時的に大きな負担がかかるため「がん診断給付金」がセットされているのが主流です。しかし、がん診断給付金がついておらず、入院給付金のみの保険もかなり低額の保険料で販売されていることも事実ですので内容を理解していない人は注意が必要です。

「がん保険」選びのポイントは

こうした事実、情報からがん保険を考えて見ましょう。
がんの治療法って沢山あるんだ・・・


入院だけに備え、格安のがん保険に加入するのか、西洋医学以外の治療も視野に入れたいということで診断給付金がついている保険を選ぶのかは、あなたの考え方次第です。唯一ついえることは、あなただけではなく誰にでも癌に罹り治療のための経済的な決して少なくない負担を強いられる可能性があるということです。

がん保険は他の保険と違い、契約してもすぐに保険が有効になりません。それは契約時に癌にかかっている可能性が十分に考えられる見つかりにくい病気ということも要因の一つです。保険会社はこうしたリスクを避けるために、殆どの会社が90日の免責を設けています。免責とは文字通り責任を免れる、保険金を支払わないということです。どんな保険でも、加入前に病歴があると保険に加入できないことが多いのですが、がん保険の場合は加入(契約成立)後90日間は保障されないということを覚えておいてください。

がん保険だけに言えることではありませんが保険は1日も早い行動が必要なのです。

最後に

がん保険には他にもお話したいことが沢山ありますが、今回はここまでにさせていただきます。今後も機会があれば触れていきたいと考えています。もし、実際に癌に罹りがん保険の必要性や、「私のときはこうだった」など治療についてのご経験などあればメールを送っていただければ掲載させていただきたいと思います。情報をお待ちしています。